F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

平川亮、岩佐歩夢のF1公式セッション初走行を見て「鈴鹿で乗れて羨ましい」2024年内のFP1出走の可能性は如何に

2024年4月6日

 鈴鹿サーキットで行われている2024年F1第4戦日本GP。今年はレギュラー参戦している角田裕毅(RB)に加え、岩佐歩夢がRBからフリー走行1回目(FP1)に出走を果たし、久しぶりに2人の日本人ドライバーがF1の公式セッションに登場する機会となった。


 2024年シーズンからマクラーレンF1のリザーブドライバーに就任した平川亮もチームに帯同して鈴鹿サーキット入りしており、レギュラードライバー2人に何かあった際のために待機しているが、今季中のFP1出走を目指し、与えられた仕事をこなしている最中だという。


 2023年のF1第17戦日本GPで平川のマクラーレンF1加入が電撃発表され、当時も現場入りしてガレージで見学をしていた。今回はリザーブドライバーとして、セッション間のミーティングなどにも参加。チームの一員としてグランプリウイークを過ごしている。


「現場でやることといえば、基本はミーティングに参加させてもらって、チームがどういったことをやっているのか。どういった問題が今あるのか。ドライバーがどういうことをコメントしているのか、それをしっかりフォローしている感じです」と平川。


 基本的にみんなが話し合っていることを聞くことがメインとなり、「正直、僕が意見とかコメントをするところはないです」とのこと。それでもF1現場1年目となる平川にとっては毎回得られるものは多いという。


「ミーティングを聞いていて『ここまでやっているんだな』と驚きの方が毎回多いです。いろいろなことに対して予想を立てていて、予選前のミーティングに関してもタイヤの使い方とか、Q1からQ3にかけてどういうふうにタイムが推移するだろうというところを予想しています」


「自分がこれまで考えたこともないようなことを(チームは)全部想定してやっていますし、深く詰めていたりします。その辺は、どちらかというと驚きの方が多いですね」


 レースがない時はマクラーレンのテストプログラムに参加しているとのことで「実車のテストとシミュレーターと両方をこなしています。WECの方のテストもありましたし、こっち(F1)の方も2回テストができています」と平川。


 シミュレーターワークに関してはデータ収集というよりは、実車に乗るための準備等が主な目的とのことで「レースの方のシミュレーターを担当するドライバーもいるので、僕はどちらかというと実車のテストに向けて(シミュレーターに)乗ったり、(実車テストが)終わった後の復習もやります。あくまで実際の走行でしっかり走れるようにするのと、いざ乗ることになった時に、ちゃんと乗れるように準備をしている段階です」と説明した。


 今回の日本GPでは、現在全日本スーパーフォーミュラ選手権に参戦中の岩佐がFP1走行を実現させた。これには平川もさまざまな感想を抱いたようで「鈴鹿で乗れて羨ましいなと思いますし、自分がもし鈴鹿で乗れていれば良い結果を出せたかもしれません。そこはF1日本GPで走るというのは、すごく羨ましいなと……刺激になりましたね」と話した。


 岩佐が今回乗ったように、各チームはシーズン中のどこかでルーキードライバーをFP1に出走させなければいけない。そう考えると、現在リザーブドライバーである平川にもチャンスがあると言えるが、それについて本人は「そこはやはり自分次第ですね」とキッパリ。


「自分がテストでどういう結果を出すのか……もちろん遅かったら乗れないです。実際に今の感じだと、しっかりとタイムを出していますし、チームの要求にもしっかり応えられていると思うので、チャンスが来ることを祈っています」と、FP1出走に意欲を見せていた。


 なお、今週末鈴鹿サーキットに来ているトヨタ・ガズー・レーシング・ヨーロッパ(TGR-E)の中嶋一貴副会長にも、平川のFP1出走への見通しについて聞くと「その辺はチームに聞いていただければと思いますけど……。そういったチャンスがくるようにできればなと思います」とコメント。現時点で可能性はゼロではないようだ。


 今回の日本GPではFP1出走は実現しなかったものの、2024年シーズンはまだ始まったばかり。今後の平川のF1での動向にも注視しておきたいところだ。

2024年F1第4戦日本GP 平川亮(マクラーレン)

平川亮(マクラーレン)
2022年型マシン『MCL36』のステアリングを握った平川亮(マクラーレン)



(Tomohiro Yoshita)




レース

6/8(土) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/9(日) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
6/10(月) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※カナダGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン194
2位シャルル・ルクレール138
3位ランド・ノリス131
4位カルロス・サインツ108
5位セルジオ・ペレス107
6位オスカー・ピアストリ81
7位ジョージ・ラッセル69
8位ルイス・ハミルトン55
9位フェルナンド・アロンソ41
10位角田裕毅19

チームランキング

※カナダGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング301
2位スクーデリア・フェラーリ252
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム212
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム124
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム58
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム28
7位マネーグラム・ハースF1チーム7
8位BWTアルピーヌF1チーム5
9位ウイリアムズ・レーシング2
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第9戦カナダGP 6/9
第10戦スペインGP 6/23
第11戦オーストリアGP 6/30
第12戦イギリスGP 7/7
第13戦ハンガリーGP 7/21
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.5 第5戦中国GP & 第6戦マイアミGP