F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

低迷アルピーヌF1、技術部門の主要メンバー離脱を正式発表。新たに“3本柱アプローチ”による体制をスタート

2024年3月5日

 アルピーヌF1チームは、3月4日、技術部門の組織変更を発表した。開幕戦バーレーンの週末、アルピーヌのテクニカルディレクターのマット・ハーマンと空力責任者であるディルク・デ・ビアがチームから去ることを決めたと報じられた。今回、チームはそれを正式に認め、新体制を公表した。

マット・ハーマン(アルピーヌ テクニカルディレクター)
2024年F1第1戦バーレーンGP マット・ハーマン(アルピーヌ テクニカルディレクター)


 アルピーヌは、ハーマンとデ・ビアの離脱を明らかにするとともに、シャシーサイドの技術部門に新たに“3本柱のアプローチ”を採用し、テクニカルディレクターを社内から3人起用することを発表した。エンジニアリング担当テクニカルディレクターにジョー・バーネル、空力担当テクニカルディレクターにデイビッド・ウィーター、パフォーマンス担当テクニカルディレクターにシアロン・ピルビームが就任。3人はチーム代表ブルーノ・ファミンの直属として、緊密に連携して働く。


 パワーユニット担当テクニカルディレクターは、引き続きエリック・メイニャンが務める。エンストンの車体ファクトリーのCOOジョン・ウッズ、ビリー・シャティヨンのパワーユニットファクトリーのCOOオードリー・バストルーが、チームメンバーを率いて、ファクトリーでの開発の指揮をとる。

エステバン・オコンとピエール・ガスリー(アルピーヌ)
2024年F1第1戦バーレーンGP エステバン・オコンとピエール・ガスリー(アルピーヌ)


 今回の体制変更発表に際し、チームは、「F1世界選手権で期待外れの結果が続いた後、この決定が下された。チームは2022年に(コンストラクターズ選手権)4位だったが、2023年には6位に落ち、グリッドの先頭に立つという野望において、いくつかの重要な目標を達成できなかった」と述べている。


 バーレーンGPでアルピーヌは苦戦し、エステバン・オコンとピエール・ガスリーは、予選で19番手と20番手、決勝では17番手と18番手に沈んだ。



(autosport web)




レース

6/21(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/22(土) フリー走行3回目 19:30〜20:30
予選 23:00〜
6/23(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※カナダGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン194
2位シャルル・ルクレール138
3位ランド・ノリス131
4位カルロス・サインツ108
5位セルジオ・ペレス107
6位オスカー・ピアストリ81
7位ジョージ・ラッセル69
8位ルイス・ハミルトン55
9位フェルナンド・アロンソ41
10位角田裕毅19

チームランキング

※カナダGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング301
2位スクーデリア・フェラーリ252
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム212
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム124
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム58
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム28
7位マネーグラム・ハースF1チーム7
8位BWTアルピーヌF1チーム5
9位ウイリアムズ・レーシング2
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第10戦スペインGP 6/23
第11戦オーストリアGP 6/30
第12戦イギリスGP 7/7
第13戦ハンガリーGP 7/21
第14戦ベルギーGP 7/28
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.6 第7戦エミリア・ロマーニャGP & 第8戦モナコGP & 第9戦カナダGP号