F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

サージェント「ステアリングのエレクトロニクス問題が再発。早く直すことが何よりも重要」:ウイリアムズ F1第1戦決勝

2024年3月4日

 2024年F1第1戦バーレーンGPの決勝レースが行われ、ウイリアムズのアレクサンダー・アルボンは15位、ローガン・サージェントは20位でレースを終えた。


■アレクサンダー・アルボン(ウイリアムズ・レーシング)
決勝=15位(56周/57周)
13番グリッド/タイヤ:ソフト→ハード→ハード

アレクサンダー・アルボン(ウイリアムズ)
2024年F1第1戦バーレーンGP アレクサンダー・アルボン(ウイリアムズ)


 クルマはまずまずだったけど、チームとして大きく出遅れている。レース全体を通じていくつかの問題が起きたが、どれもテストでもっと走り込んでいれば避けられたはずのことだった。僕のクルマは最初から最後までオーバーヒート気味で、パワーが落ちていた。これからデータを調べて、ジェッダにはもっといい状態で臨みたいと思っている。僕らのペースは周囲のクルマとほぼ対等だから、中団グループの争いは僅差でタフなものになるだろうね。


■ローガン・サージェント(ウイリアムズ・レーシング)
決勝=20位(55周/57周)
18番グリッド/タイヤ:ソフト→ハード→ハード→ソフト

ローガン・サージェント(ウイリアムズ)
2024年F1第1戦バーレーンGP ローガン・サージェント(ウイリアムズ)


 フラストレーションを感じている。昨日の予選でも、ステアリングホイールのエレクトロニクスに問題が起きていて、レース中にまたそれが再発したんだ。何よりも重要なのは、根本原因を突き止めて、できるだけ早く直すことだ。1周目は本当に順調だったし、最初のスティントも文句なしで、あのトラブルが起きるまでは、かなり行けそうな感じだった。


 ただ、パワーユニットの温度管理にも苦労していて、前を行くクルマにあまり接近できなかったこともあり、ちょっと残念なレースだったね。どれもすぐには直せないような問題ではないとはいえ、原因をしっかり理解した上で前に進まないといけない。



(autosport web Translation:Kenji Mizugaki)




レース

4/19(金) フリー走行 12:30〜13:30
スプリント予選 16:30〜17:14
4/20(土) スプリント 12:00〜13:00
予選 16:00〜
4/21(日) 決勝 16:00〜


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン77
2位セルジオ・ペレス64
3位シャルル・ルクレール59
4位カルロス・サインツ55
5位ランド・ノリス37
6位オスカー・ピアストリ32
7位ジョージ・ラッセル24
8位フェルナンド・アロンソ24
9位ルイス・ハミルトン10
10位ランス・ストロール9

チームランキング

※日本GP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング141
2位スクーデリア・フェラーリ120
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム69
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム34
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム33
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム7
7位マネーグラム・ハースF1チーム4
8位ウイリアムズ・レーシング0
9位ステークF1チーム・キック・ザウバー0
10位BWTアルピーヌF1チーム0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第5戦中国GP 4/21
第6戦マイアミGP 5/5
第7戦エミリア・ロマーニャGP 5/19
第8戦モナコGP 5/26
第9戦カナダGP 6/9
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.3 第2戦サウジアラビアGP&第3戦オーストラリアGP