F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

レッドブルF1、メルセデスの“ゼロポッド”コンセプトを研究中「うまく実装できるかどうかテストしていく」

2024年2月22日

 レッドブルのモータースポーツコンサルタント、ヘルムート・マルコは、レッドブル・レーシングが2024年型F1マシンRB20の開発をするなかで、メルセデスが過去に追求したものと似たコンセプトについて研究していると述べた。


 レッドブルがRB20を初披露した際に、サイドポッドやエンジンカバー等に、メルセデスの過去2年のマシンに似たデザインが採用されていることが注目された。


 メルセデスは、2022年に導入した“ゼロポッド”デザインを、2023年序盤に放棄することを決めた。しかしレッドブルはこれと似たコンセプトを利用することを検討している。

2024年F1バーレーンテスト1日目 マックス・フェルスタッペン(レッドブル)


 レッドブルはメルセデスが失敗したことをうまく機能させようとしているのかと聞かれたマルコは、次のように答えた。


「彼ら(メルセデス)は、サイドポッドレスのコンセプトについて、データでは納得していたが、実際にはそれは全く機能しなかった」とマルコは『Servus TV』に対して語った。


「我々は、このソリューション、あるいは似たソリューションをうまく実装できるかどうか、テストにおいて確認していく」


「(チーフテクニカルオフィサーの)エイドリアン・ニューウェイは、ラジエターがない方が好きだと言っている。もちろん、エンジン担当にとっては不可能なことであり、それは当然だ」

2024年F1バーレーンテスト1日目 マックス・フェルスタッペン(レッドブル)


 マルコは、レッドブルがが今後試すかもしれないものは、メルセデスほど極端なデザインではないと述べた。


「(メルセデスほど)極端ではないが、アイデアとしては同じような方向性を持っている」


 マルコは、RB20について、テストで走らせているマシンは、今シーズン使用するものの基礎になり、今後さらに変化すると示唆した。


「単なる進化ではない。それは小さな革命だ」


「2024年に使用されるだろうものの基礎だ。シミュレーションと風洞では、すべてが非常にうまく機能した」

2024年F1バーレーンテスト1日目 マックス・フェルスタッペン(レッドブル)



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

4/19(金) フリー走行 12:30〜13:30
スプリント予選 16:30〜17:14
4/20(土) スプリント 12:00〜13:00
予選 16:00〜
4/21(日) 決勝 16:00〜


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン77
2位セルジオ・ペレス64
3位シャルル・ルクレール59
4位カルロス・サインツ55
5位ランド・ノリス37
6位オスカー・ピアストリ32
7位ジョージ・ラッセル24
8位フェルナンド・アロンソ24
9位ルイス・ハミルトン10
10位ランス・ストロール9

チームランキング

※日本GP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング141
2位スクーデリア・フェラーリ120
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム69
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム34
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム33
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム7
7位マネーグラム・ハースF1チーム4
8位ウイリアムズ・レーシング0
9位ステークF1チーム・キック・ザウバー0
10位BWTアルピーヌF1チーム0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第5戦中国GP 4/21
第6戦マイアミGP 5/5
第7戦エミリア・ロマーニャGP 5/19
第8戦モナコGP 5/26
第9戦カナダGP 6/9
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.3 第2戦サウジアラビアGP&第3戦オーストラリアGP