F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ガスリー15番手から7位「フェラーリやメルセデスと争うことができた。今季ベストのパフォーマンス」アルピーヌ/F1第21戦

2023年11月7日

 2023年F1サンパウロGP(ブラジルGP)決勝で、アルピーヌのピエール・ガスリーは7位、エステバン・オコンは10位を獲得した。後方グリッドスタートだったふたりに関して、チームは異なる戦略を用いてダブル入賞を成し遂げた。


■ピエール・ガスリー(BWTアルピーヌF1チーム)
決勝=7位(71周/71周)
15番グリッド/タイヤ:ソフト→ソフト→ミディアム→ソフト


 今日のレースには大満足だ。今季のベストパフォーマンスの

2023年F1第21戦サンパウロGP ピエール・ガスリー(アルピーヌ)
2023年F1第21戦サンパウロGP ピエール・ガスリー(アルピーヌ)
ひとつと言ってもいい。マルチストップをどうこなすかという点で、とてもチャレンジングなレースになったが、チーム全体が素晴らしい仕事をして、判断は正しかったしピットストップも文句なしだった。チームとして7位と10位に入ったのだから、特に後方のグリッドからのスタートだったことを考えれば、力強いパフォーマンスだったのは間違いない。


 僕自身はレースを通じて、カルロス(・サインツ/フェラーリ)や2台のメルセデスと順位を争った。それもまた昨日と比べれば明らかな進歩だ。


 次はいよいよラスベガスだ。きっとクールな経験になるだろうし、僕はいつでも新しいレースが大好きだからワクワクしている。できる限りの準備をしてそのレースに臨むこと、そしてコース上で全力を尽くすことが僕らの務めになる。


■エステバン・オコン(BWTアルピーヌF1チーム)
決勝=10位(70周/71周)
14番グリッド/タイヤ:ソフト→ソフト→ミディアム→ソフト→ソフト

2023年F1第21戦サンパウロGP エステバン・オコン(アルピーヌ)
2023年F1第21戦サンパウロGP エステバン・オコン(アルピーヌ)


 チャレンジングなレースの末に、1ポイントという小さな報酬を手にした。僕はとてもいいスタートを切って、前方のカオスを避けながら、いくつかポジションを上げることができた。ただ、残念なことに、まもなくデグラデーションがすごく大きいことが明らかになり、3ストップ(注:赤旗時を除く)で戦わざるをえなくなった。昨日の時点で、デグラデーションが問題になりそうな兆候は見えていたから、あらかじめ3ストップのプランも考えてあったんだ。そのあたりについては、これから再検討するつもりでいる。


 とはいえ、2台揃ってポイントを獲り、スプリントレースでのパフォーマンスと比べれば一歩前進したのだから、チームとしてはいい仕事ができた。


 ここからは、シーズンの終わりから2番目のレースになるラスベガスに向けて、気持ちを切り替えていく。華やかなイベントになるのは間違いないし、また好成績を残したいと思っている。



(autosport web)




レース

4/5(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
4/6(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
4/7(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン77
2位セルジオ・ペレス64
3位シャルル・ルクレール59
4位カルロス・サインツ55
5位ランド・ノリス37
6位オスカー・ピアストリ32
7位ジョージ・ラッセル24
8位フェルナンド・アロンソ24
9位ルイス・ハミルトン10
10位ランス・ストロール9

チームランキング

※日本GP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング141
2位スクーデリア・フェラーリ120
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム69
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム34
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム33
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム7
7位マネーグラム・ハースF1チーム4
8位ウイリアムズ・レーシング0
9位ステークF1チーム・キック・ザウバー0
10位BWTアルピーヌF1チーム0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第4戦日本GP 4/7
第5戦中国GP 4/21
第6戦マイアミGP 5/5
第7戦エミリア・ロマーニャGP 5/19
第8戦モナコGP 5/26
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.3 第2戦サウジアラビアGP&第3戦オーストラリアGP