F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【角田裕毅F1第3戦分析】AT04のダウンフォース不足改善を狙った新フロアを投入も、FP2では旧型に交換

2023年3月31日

 F1開幕2戦を終えて、ポイントを獲得していないのはマクラーレンと角田裕毅が所属するアルファタウリの2チームだけ。コンストラクターズ選手権でアルファタウリは9番目か10番目のチームということになる。


 今シーズン初入賞に向けて、アルファタウリは開幕後、初めてとなるアップデートを投入してきた。チーフレースエンジニアのジョナサン・エドルズによれば、今回メルボルンに持ち込んだ新パーツは「フロアとリヤのブレーキダクト」だという。これらの変更はディフューザー効果を高めるためのもので、ひと言で表現するなら、空気抵抗を増やすことなく、ダウンフォースを増加する狙いがある。


 開幕2戦で見えてきたアルファタウリの弱点はダウンフォース不足によってコーナー立ち上がりでのトラクションのかかりが悪いにも関わらず、空気抵抗が多いためにストレートスピードが遅いことだ。そのため、空気抵抗を増やすことなくダウンフォースを増やす、床下の空気の流れを変えるフロアのアップデートは必須だった。


 サウジアラビアGPから2週間、アルファタウリがメルボルンに持ち込んだフロアは2セットのみ。つまり、ひとりのドライバーにつき、1セットしか使用できない。エドルズによれば、「スペアはない」と言う。


 金曜日のフリー走行1回目から角田はチームメートのニック・デ・フリース同様、アップデートされたフロアを使用。セッション中盤までは順調にプログラムをこなしていた。

【角田裕毅F1第3戦分析】
2023年F1第3戦オーストラリアGPフリー走行1回目 角田裕毅(アルファタウリ)


 しかし、ソフトタイヤに履き替えたセッション後半に、ハーフスピンを喫してコースアウト。グラベルの上で派手に飛び跳ねた角田はたまらずピットインすると、メカニックたちがすぐに確認の作業を開始した。その様子を心配そうに見つめる角田。

【角田裕毅F1第3戦分析】
セッション後半、角田はソフトタイヤに履き替えた

【角田裕毅F1第3戦分析】
コースオフ後、すぐにピットに戻った角田。メカニックは確認作業を行い、角田もそれを見守った


 作業開始から数分後、ジャッキアップされた角田のマシンからフロアが外され、ガレージの奥へと消えていった。

【角田裕毅F1第3戦分析】
角田のマシンからフロアが外された


 フリー走行1回目終了から2時間半後。午後4時から開始されたフリー走行2回目で角田のマシンに装着されていたフロアはアップデートされたものではなく、開幕戦とサウジアラビアGPで使用された旧スペックだった。さらにギヤボックスも交換されていた。


 土曜日以降、角田が旧スペックのフロアを使い続けるのかどうか、現時点でチームからは何も発表はない。



(Masahiro Owari)




レース

4/19(金) フリー走行 12:30〜13:30
スプリント予選 16:30〜17:14
4/20(土) スプリント 12:00〜13:00
予選 16:00〜
4/21(日) 決勝 16:00〜


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン77
2位セルジオ・ペレス64
3位シャルル・ルクレール59
4位カルロス・サインツ55
5位ランド・ノリス37
6位オスカー・ピアストリ32
7位ジョージ・ラッセル24
8位フェルナンド・アロンソ24
9位ルイス・ハミルトン10
10位ランス・ストロール9

チームランキング

※日本GP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング141
2位スクーデリア・フェラーリ120
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム69
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム34
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム33
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム7
7位マネーグラム・ハースF1チーム4
8位ウイリアムズ・レーシング0
9位ステークF1チーム・キック・ザウバー0
10位BWTアルピーヌF1チーム0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第5戦中国GP 4/21
第6戦マイアミGP 5/5
第7戦エミリア・ロマーニャGP 5/19
第8戦モナコGP 5/26
第9戦カナダGP 6/9
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.3 第2戦サウジアラビアGP&第3戦オーストラリアGP