F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ウイリアムズF1、FIA F3参戦のフランコ・コラピントの育成プログラム加入を発表

2023年1月10日

 1月9日、ウイリアムズ・レーシングはFIA F3に参戦するフランコ・コラピントが、同チームのドライバー育成プログラムであるウイリアムズ・レーシング・ドライバー・アカデミーに加入したことを発表した。


 アルゼンチン出身のコラピントは2003年生まれの19歳。2018年のスペインF4選手権で4輪レースデビューを果たすと、2019年には同選手権のシリーズタイトルを獲得。2020年はフォーミュラ・ルノー・ユーロカップに参戦しシリーズランキング3位を獲得。また、同年のウインターシーズンにはトヨタ・レーシング・シリーズ(2023年よりフォーミュラ・リージョナル・オセアニアとして開催)に参戦し、イゴール・フラガ、リアム・ローソンに次ぐシリーズランキング3位となった。


 2021年にはフォーミュラ・リージョナル・ヨーロピアン、そしてル・マン24時間レースを含むWEC世界耐久選手権とELMSヨーロピアン・ル・マン・シリーズといったスポーツカーレースでGドライブ・レーシングのLMP2マシンをドライブしたほか、スパ・フランコルシャン24時間レースではチームWRTのアウディR8 LMS GT3のステアリングを握っている。2022年シーズンはファン・アメルスフォールト・レーシングよりFIA F3に参戦し2勝を挙げ、ドライバーズランキング9位となった。


「ウイリアムズ・レーシングにアカデミードライバーとして加入するのは本当に光栄なことだ。彼らはF1史上もっとも成功したチームのひとつであり、同郷のカルロス・ロイテマンの足跡をたどることを楽しみにしているよ。信じられないようなチャンスと、僕に信頼を寄せてくれたウイリアムズのみんなに感謝している」とコラピントはコメント。


 また、コラピントは2023年のFIA F3にMPモータースポーツから参戦することも明らかにした。2020年のフォーミュラ・ルノー・ユーロカップと2021年のフォーミュラ・リージョナル・ヨーロピアンへは、MPモータースポーツから参戦していたこともあり、古巣へ復帰するかたちとなった。


「また、2023年のFIA F3に向けてMPモータースポーツに復帰することも発表できることをうれしく思っている。このチームではフォーミュラ・ルノー・ユーロカップとフォーミュラ・リージョナル・ヨーロピアンで素晴らしい結果を残すことができた。今シーズンはさらに高いところに到達することが目標だ。FIA F3での最初の1年は学ぶことばかりだったけど、2023年シーズンは集めた知識をすべて使ってタイトルを目指すよ」


「このような機会を作ってくれたみんなに感謝している。バレット・スポーツ・マネジメント、YPF、ROFGOレーシング。そしてもちろん、愛する国アルゼンチンにも。シーズン開幕が待ち遠しいよ」


 また、ウイリアムズ・レーシングのスポーティングディレクターであるスベン・スミーツは、「フランコをウイリアムズ・レーシング・ドライバー・アカデミーに迎えることができ、とても嬉しく思っている」とコメント。


「彼のレースキャリアは、フランコが生まれながらにして持つ能力と、今後数年にわたって発揮されるであろう能力を浮き彫りにしている。彼はFIA F3でのデビューシーズンで、優勝・表彰台といった高いパフォーマンスを発揮した。我々はフランコと密接に協力し、彼のドライバーとしての成長をサポートし、育てていくことを楽しみにしている」


 ウイリアムズ・レーシング・ドライバー・アカデミーに加入したコラピントは、今後ウイリアムズと協力してスキルを磨くと同時に、ファクトリーでのシミュレーター作業にも携わるとしている。


フランコ・コラピント(ファン・アメルスフォールト・レーシング)/2022FIA F3第1戦サクヒール
フランコ・コラピント(ファン・アメルスフォールト・レーシング)/2022FIA F3第1戦サクヒール

ロマン・ルシノフ/フランコ・コラピント/ニック・デ・フリースのトリオで2021年のル・マン24時間を戦ったGドライブ・レーシングの26号車アウルス01・ギブソン
ロマン・ルシノフ/フランコ・コラピント/ニック・デ・フリースのトリオで2021年のル・マン24時間を戦ったGドライブ・レーシングの26号車アウルス01・ギブソン



(autosport web)




レース

6/8(土) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/9(日) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
6/10(月) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※カナダGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン194
2位シャルル・ルクレール138
3位ランド・ノリス131
4位カルロス・サインツ108
5位セルジオ・ペレス107
6位オスカー・ピアストリ81
7位ジョージ・ラッセル69
8位ルイス・ハミルトン55
9位フェルナンド・アロンソ41
10位角田裕毅19

チームランキング

※カナダGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング301
2位スクーデリア・フェラーリ252
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム212
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム124
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム58
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム28
7位マネーグラム・ハースF1チーム7
8位BWTアルピーヌF1チーム5
9位ウイリアムズ・レーシング2
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第9戦カナダGP 6/9
第10戦スペインGP 6/23
第11戦オーストリアGP 6/30
第12戦イギリスGP 7/7
第13戦ハンガリーGP 7/21
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.5 第5戦中国GP & 第6戦マイアミGP