F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

信頼を置くデ・フリースのF1昇格を喜ぶメルセデス。知識やデータをアルファタウリへ持ち込むことを懸念せず

2022年10月19日

 メルセデスは、ニック・デ・フリースがF1でフルタイムのシートを得たことを喜んでいる。しかしテクニカルディレクターのマイク・エリオットは、デ・フリースがメルセデスで蓄えた知識は、彼の将来の雇用者であるレッドブルに利益をもたらすことはないだろうと述べている。


 メルセデスのリザーブドライバーとして、デ・フリースは多くのレースウイークをチームのガレージで過ごし、テクニカルブリーフィングにも出席してきた。しかし日本GPを前に、デ・フリースが2023年にアルファタウリに移籍する発表が行われると、メルセデスの技術データへのアクセスは必然的に制限された。


 だが、デ・フリースはシーズン終了までチームに残る予定だ。また、若手ドライバーをフリー走行に起用する義務をメルセデスが果たすにあたって、デ・フリースがメキシコでジョージ・ラッセルに代わってFP1を担当するともみられている。


「我々は彼がチャンスを得たことを本当にうれしく思っている」とエリオットは語った。「行き先は残念かもしれないが、それはそれだ」


「彼はこのチャンスにふさわしいし、自身が非常に優れたドライバーであることを示してきたと思う。彼がガレージにいるのは素晴らしい。好人物でとても生き生きとしているし、マシンのことを理解している」

ニック・デ・フリース(メルセデス リザーブドライバー)
2022年F1第2戦サウジアラビアGP ニック・デ・フリース(メルセデス リザーブドライバー)


 エリオットは、デ・フリースが知識や機密データをアルファタウリに持ち込むことについては何の懸念も抱いていない。


「彼には信頼を置いているので、マシンに乗せるし、ともにテストをする。我々が見てほしくないことを彼は見ないだろうと信用しているし、彼はいい仕事をするだろうと思っている」


 またエリオットは、デ・フリースがメルセデスからフォーミュラEに参戦したことで、彼のブラックリーでのシミュレーター作業時間が制限されていたことを指摘した。


「多少は行った。もちろん彼はフォーミュラEにも出ていたので、そのせいで多くの時間を取られていた」


「だが、F1の変化は早く、学ぶペースも早くなる。彼が1年前にやったことは、特に彼の役には立たないだろう。彼がここから得たものは、ともに仕事をする方法と、我々のプロセスとシステムということになるかもしれない」


「さっきも言ったように、我々が望んでいるのは彼の幸運を祈ることだろう。彼は我々に対してとても立派な対応をしてくれると思うので、何の心配もない」

ニック・デ・フリース(メルセデス)
2022年F1第12戦フランスGPフリー走行1回目 ニック・デ・フリース(メルセデス)



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

6/21(金) フリー走行1回目 20:30〜21:30
フリー走行2回目 24:00〜25:00
6/22(土) フリー走行3回目 19:30〜20:30
予選 23:00〜
6/23(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※カナダGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン194
2位シャルル・ルクレール138
3位ランド・ノリス131
4位カルロス・サインツ108
5位セルジオ・ペレス107
6位オスカー・ピアストリ81
7位ジョージ・ラッセル69
8位ルイス・ハミルトン55
9位フェルナンド・アロンソ41
10位角田裕毅19

チームランキング

※カナダGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング301
2位スクーデリア・フェラーリ252
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム212
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム124
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム58
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム28
7位マネーグラム・ハースF1チーム7
8位BWTアルピーヌF1チーム5
9位ウイリアムズ・レーシング2
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第10戦スペインGP 6/23
第11戦オーストリアGP 6/30
第12戦イギリスGP 7/7
第13戦ハンガリーGP 7/21
第14戦ベルギーGP 7/28
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.6 第7戦エミリア・ロマーニャGP & 第8戦モナコGP & 第9戦カナダGP号