F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F速プレミアム】さらなる成長を期待される角田裕毅。情熱的な性格の長所と短所/スペイン人ライターのF1コラム

2022.07.29

 7月の第10戦イギリスGP、第11戦オーストリアGP、第12戦フランスGPの3戦では思うような結果を残すことができなかった角田裕毅。イギリスGPは自身のミスだが、他のレースでは不運やマシンの競争力のなさに悩まされた。チームメイトのピエール・ガスリーはすでにアルファタウリ残留が発表されているが、果たして角田は2023年も残ることができるだろうか。アレックス・ガルシアが現状を語る。

------------------------------------------------

 現在のF1シーズンは、興味深い話が豊富で、注目すべき要素も多くある。私はしばしば中団に注目する。非常に狭い範囲のなかで多くの戦いがあり、些細なミスでも誰かのレースに大きな影響を与えることがある。そうした話のひとつとして、角田裕毅がF1での1年目から明らかに進歩したということがある。2021年の彼は、いつも非常に速いスピードを出していたが、今シーズンはまったく別人のドライバーに見える。だが、それはアルファタウリに来年も残留するのに十分なほどだろうか?

 数字を見てみると、簡単に言えばイエスだ。角田はより経験豊富なチームメイトのピエール・ガスリーにかなり近づいている。ガスリーはF1のレース優勝経験者であり、元レッドブル・レーシングのドライバーであったことを忘れるべきではない。ふたりのポイント獲得数はずっと近づいている。そしてどちらかがもうひとりより上の順位につけるか、少なくともより競争力を発揮したレースの数は同じくらいだ。概して言えば、角田とガスリーは昨年に比べて今年ははるかに近づいている。


※こちらの記事はプレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録

会員登録ページへ
※プレミアム会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

9/9(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
9/10(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
9/11(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イタリアGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン335
2位シャルル・ルクレール219
3位セルジオ・ペレス210
4位ジョージ・ラッセル203
5位カルロス・サインツ187
6位ルイス・ハミルトン168
7位ランド・ノリス88
8位エステバン・オコン66
9位フェルナンド・アロンソ59
10位バルテリ・ボッタス46

チームランキング

※イタリアGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング545
2位スクーデリア・フェラーリ406
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム371
4位BWTアルピーヌF1チーム125
5位マクラーレンF1チーム107
6位アルファロメオF1チーム・オーレン52
7位ハースF1チーム34
8位スクーデリア・アルファタウリ33
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム25
10位ウイリアムズ・レーシング6

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
第18戦日本GP 10/9
第19戦アメリカGP 10/23
第20戦メキシコGP 10/30
  • 最新刊
  • F1速報

    第16戦 イタリアGP号