F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【角田裕毅F1第10戦密着】「ドライ寄りのセットアップ」で臨んだ予選。雨脚の強まったQ2では賭けに出るも13番手

2022年7月3日

 チームメートのピエール・ガスリーが15番手、角田裕毅も17番手に終わったF1第10戦イギリスGPのフリー走行3回目。しかし、その後、雨雲がシルバーストン・サーキットに近寄りだす。だが、イギリスの天候は予測が難しい。そこで、アルファタウリは公式予選に向けて、2台でセットアップを変えた。ガスリーは雨が完全に降ることを予測したフルウエットセッティングにし、角田は雨用でもドライ寄りのセットアップにした。


「ピエールのほうがどちらかというと雨寄りのセットアップにしてダウンフォースをつけていたのに対して、僕は全体的にダウンフォースを低くして、ドライ寄りのセットアップで予選に臨みました」

【角田裕毅F1第10戦密着】
2022年F1第10戦イギリスGPフリー走行3回目 角田裕毅(アルファタウリ)


 予選が開始される午後3時直前、シルバーストン・サーキットの上空から雨粒が落ち始め、やがて本格的に降り出した。ドライ寄りにしていた角田にとっては、その雨はガスリーよりも難しいコンディションになった。


 それでもQ1で角田はインターミディエイトタイヤで走り続け、Q1終了間際の最後のアタックで自己ベストを更新して、17番手から13番手へとポジションアップに成功し、第8戦アゼルバイジャンGP以来、2戦ぶりにQ3に進出した。


 Q1落ちしたドライバーの多くが、途中でピットインして新品のインターミディエイトタイヤに交換したものの、タイヤを温めきれずに満足なアタックができなかったことを考えると、角田とアルファタウリのこの戦略は功を奏した形となった。


 なんとかQ1を突破した角田だが、Q2が始まると雨脚が強くなり、厳しい状況となる。1セット目のインターミディエイトタイヤでトップ10内に入ることができなかった角田は、一旦ピットイン。


「1セット目のアタックでタイムが伸びなかったので、賭けに出ました」と言う角田だったが、雨脚はさらに強くなり、Q2の1セット目で出したタイムを上回ることができず、13番手に終わった。

【角田裕毅F1第10戦密着】
インタビューに応じる角田裕毅(アルファタウリ)


 しかし、予選後の角田にこの日の雨をうらむ気持ちはない。


「そもそも、もし雨が降らなければ、僕たちはQ1を突破するのも難しかったと思うので、雨が降ったこと自体は僕たちのチームにとってはよかったと思います」


 だから、日曜日のレースも期待している路面コンディションは完全なドライではなく、「ドライ寄り」(角田)を望んでいる。


 しかし、土曜日の段階で翌日のシルバーストンの天気予報は晴れ。そのことは角田も覚悟している。


「厳しい戦いになると思うんですけど、すべてを完璧にやる気持ちで走って、ポイントを獲りに行きたいと思います」



(Masahiro Owari)




レース

7/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/31(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン258
2位シャルル・ルクレール178
3位セルジオ・ペレス173
4位ジョージ・ラッセル158
5位カルロス・サインツ156
6位ルイス・ハミルトン146
7位ランド・ノリス76
8位エステバン・オコン58
9位バルテリ・ボッタス46
10位フェルナンド・アロンソ41

チームランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング431
2位スクーデリア・フェラーリ334
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム304
4位BWTアルピーヌF1チーム99
5位マクラーレンF1チーム95
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位ハースF1チーム34
8位スクーデリア・アルファタウリ27
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム20
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第10戦イギリスGP & 第11戦 オーストリアGP合併号