F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

パドック裏話:迷子のシャトル便を2時間かけて導いたジャーナリストたちの苦労

2022年6月28日

 F1ジャーナリストがお届けするF1の裏話。第9戦カナダGP編です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 グランプリレースの舞台裏は、時として一般のファンには信じられないようなものだったりする。今年もF1は、そうした意味でトリッキーな開催地での一連のレースを何とかやりとげた。

 ロジスティクスの難しさという点での筆頭は、やはりモナコだろう。何しろあのちっぽけな公国に、F1サーキットをひとつ押し込まなければならないのだから。バクーも仮設の市街地コースだが、裏方たちが仕事をするスペースに関して言えば、こちらはまだ多少のゆとりがある。その次に訪れたモントリオールは、まずサーキットのロケーションそのものがトリッキーきわまる。

 ジル・ビルヌーブ・サーキットは、セントローレンス川の真ん中に浮かぶノートルダム島に設けられている。言うまでもなく、島というものはその定義からして周囲を水に囲まれており、簡単には敷地を広げられない上に、アクセスの方法も限られる。また、サーキットの中央には漕艇場もあって、これが時には関係者の息抜きやお楽しみの場にもなるのだが、それによって利用できる地面はさらに減っている。

 つまり、この島では限られた面積の地面に、F1レースの開催に必要なあらゆるものが詰め込まれるのである。そうしたなかでも、一番大きな面積を要するもののひとつが駐車場だ。グランプリの週末、チームメンバーとパドック内で働く人々の大半には、漕艇場に沿った細長い草地が駐車場として割り当てられる。そこから仮設の橋と浮き桟橋を渡って、ようやくパドックのゲートにたどり着くという場所だ。

…記事の続きは会員登録後閲覧できます。

※こちらの記事は一般&プレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録
※会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第19戦アメリカGP&第20戦メキシコGP 合併号