F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

アロンソ「軽い接触でクルマが壊れてレースが台無しに。不運としか言いようがない」:アルピーヌ F1第4戦決勝

2022年4月26日

 2022年F1第4戦エミリア・ロマーニャGPの決勝レースが行われ、アルピーヌのエステバン・オコンは14位、フェルナンド・アロンソはリタイアでレースを終えた。


■BWTアルピーヌF1チーム
エステバン・オコン 決勝=14位

エステバン・オコン(アルピーヌ)
2022年F1第4戦エミリア・ロマーニャGP エステバン・オコン(アルピーヌ)

 最終的には1点もポイントを獲れず、チームにとって残念なレースだった。僕自身としても、最初からトリッキーな戦いになった。予選の結果によってスプリントとレースが損なわれたのは確かで、逆にそれを考えれば、ペナルティを受けるまでのポジションはそれほど悪くなかったとも言える。レースペースも不十分で、たとえあの5秒のタイムペナルティがなくても、最終的にポイント圏内でフィニッシュできる速さはなかったと思う。イモラのピットレーンがとても狭いのは確かだけど、何が起きたのかを今夜のデブリーフィングで検討して、あの出来事を避けることができたかどうかを確認するつもりだ。このレースから学んで、さらに前進したい。マイアミのレースをとても楽しみにしている。


■BWTアルピーヌF1チーム
フェルナンド・アロンソ 決勝=リタイア

フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)
2022年F1第4戦エミリア・ロマーニャGP 接触によりマシンを損傷し、リタイアするフェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)

 またしても不運なレースだった。今シーズンはこんなことばかりだ。スタートはまずまずで、8番手まで上がりながら、右側のフロアとサイドポッドに大きなダメージがあってリタイアするしかなかった。ミック(・シューマッハー)との間で、意図的ではない軽い接触があり、結果としてクルマが壊れてレースが台無しになったのは、アンラッキーとしか言いようがない。


 オーストラリアと今回の2戦だけで、選手権ポイントを20点か30点は獲れたはずなのに、実際にはまだたったの2点だ。本当に運に恵まれない。とはいえ、まだ先の長いシーズンだから、これから獲得できるポイントはまだたっぷり残されている。



(autosport web Translation:Kenji Mizugaki)




レース

6/18(土) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/19(日) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
6/20(月) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※カナダGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン175
2位セルジオ・ペレス129
3位シャルル・ルクレール126
4位ジョージ・ラッセル111
5位カルロス・サインツ102
6位ルイス・ハミルトン77
7位ランド・ノリス50
8位バルテリ・ボッタス46
9位エステバン・オコン39
10位フェルナンド・アロンソ18

チームランキング

※カナダGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング304
2位スクーデリア・フェラーリ228
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム188
4位マクラーレンF1チーム65
5位BWTアルピーヌF1チーム57
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位スクーデリア・アルファタウリ27
8位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム16
9位ハースF1チーム15
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第9戦カナダGP 6/19
第10戦イギリスGP 7/3
第11戦オーストリアGP 7/10
第12戦フランスGP 7/24
第13戦ハンガリーGP 7/31
  • 最新刊
  • F1速報

    第7戦モナコGP号