F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

アロンソ、コース外から追い抜いたライコネンに対する判定について「一貫性がない」と批判/F1第17戦

2021年10月26日

 アルピーヌのフェルナンド・アロンソは、F1第17戦アメリカGPでスチュワードが下した判断に不服であり、ターン1でコースを外れて距離を稼いだキミ・ライコネン(アルファロメオ)はポジションを戻すべきだったと主張している。


 アメリカGP決勝レースの16周目、アロンソとライコネンはCOTA(サーキット・オブ・ジ・アメリカズ)のターン1に進入する際に順位を争い、サイド・バイ・サイドの状況になった。ライコネンはコーナー出口でワイドになってコースを外れたが、それでもライコネンはアロンソを抜き去った。


 レースでは、4輪すべてがコース外に出た一部のドライバーがポジションを戻すよう指示されたが、ライコネンはそのような指示を受けなかったため、この判断にアロンソは当惑した。


「ルールは少しでたらめだ」と苛立った様子のアロンソは、皮肉を言った。


「残念ながらそういうものになっている。ここアメリカのファンたちは、彼らにふさわしくないショーを見たんだ」


 そしてアロンソはFIAの判断について彼の不満を詳しく述べ、スチュワードに一貫性がないことを批判した。


「あなたがたがレース全体を見たかどうかは知らないが、同じインシデントが1周目のターン12でランド(・ノリス)に起きたと思う。彼はイン側でブレーキをかけて(カルロス・)サインツJr.をオーバーテイクした。サインツJr.はコースを外れてポジションを取り戻した(その後サインツはポジションを戻す必要があった)」


「そしてレースの終盤では、僕が(アントニオ・)ジョビナッツィに2回目のオーバーテイクを仕掛けた。僕はターン12のイン側でブレーキをかけた。ふたたび僕は彼をコース外に押し出した。彼はコース外からポジションを回復したが、その時は彼はポジションを僕に戻さなければならなかった」

フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)&アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)
2021年F1第17戦アメリカGP フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)&アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)


「だからある意味では、オーバーテイクを成功させるのにイン側でブレーキをかけると、常に他のドライバーをコース外に押し出すことになる。そして彼ら(アウト側のドライバー)は後退するか、サーキットのコース外をフルスロットルで走り続けるか選ばなければならない。


「それがサインツJr.がやったことだ。ジョビナッツィもそうしたし、僕もそうした。そして確かに僕たちはポジションを戻さなければならなかった。なぜならコース外をフルスロットルで走行したからだ。だがキミはそうしなかった。そういうわけで、僕はこのことに一貫性がないと感じた」


「こうしたことで僕は10秒くらいのタイムを失った。ポイント獲得の可能性が消えたのは明らかだった」


 不満を抱えるアロンソだが、最終的にFIAの“奇妙な”判断については矛を収めた。というのも、アロンソはリヤウイングの損傷でレースをリタイアしたからだ。


「僕はこのことにそれほど腹を立てているわけではない。なぜならこれはただ1回起きただけのことだったからだ」とアロンソは付け加えた。「そして僕たちにはリヤウイングの損傷があったから、あのことが僕たちのレースを変えることは間違いなくなかった。だからこれは問題ではない」


 日曜日のレース後に、FIAのレースディレクターを務めるマイケル・マシは、アロンソとライコネンのバトルに対するスチュワードの判断は“微妙”なものだったと認めた。


「彼の不満は理解できる」とマシは語った。「彼の不満を耳にしてはいないが、私には理解できる」


「ターン1における彼とキミに関しての判断は確かに微妙なものだった。次のドライバーズミーティングで、ドライバー全員とこのことについて議論をする予定だ」


「この件にはふたつの面がある。言うまでもなくオーバーテイクと、コース外への押し出しについて検討することだ。そしてオーバーテイク後のことについてもだ。次回のミーティングで、グループとしてこのことについては話し合いを行う」

ランド・ノリス(マクラーレン)&カルロス・サインツJr.(フェラーリ)
2021年F1第17戦アメリカGP ランド・ノリス(マクラーレン)&カルロス・サインツJr.(フェラーリ)



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

11/19(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/20(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/21(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※カタールGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン351.5
2位ルイス・ハミルトン343.5
3位バルテリ・ボッタス203
4位セルジオ・ペレス190
5位ランド・ノリス153
6位シャルル・ルクレール152
7位カルロス・サインツJr.145.5
8位ダニエル・リカルド105
9位ピエール・ガスリー92
10位フェルナンド・アロンソ77

チームランキング

※カタールGP終了時点
1位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム546.5
2位レッドブル・レーシング・ホンダ541.5
3位スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ297.5
4位マクラーレンF1チーム258
5位アルピーヌF1チーム137
6位スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ112
7位アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラワン・チーム77
8位ウイリアムズ・レーシング23
9位アルファロメオ・レーシング・オーレン11
10位ウラルカリ・ハースF1チーム0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第13戦オランダGP 9/5
第14戦イタリアGP 9/12
第15戦ロシアGP 9/26
第16戦トルコGP 10/10
第17戦アメリカGP 10/24
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第18戦 メキシコGP号