F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ハミルトン、タイヤ戦略についてチームに怒りはないと説明。メルセデスF1代表も「連携が取れている」と主張

2021年10月12日

 メルセデスのルイス・ハミルトンは、F1第15戦トルコGPの終盤に5番手に順位を落とすことになったピットストップ戦略について、チームに怒りを感じてはいないと主張している。


「僕がレースをしているとき、無線でいつも礼儀正しく落ち着いているとは思わないでほしい。僕たちはみなとても熱狂的になっている。興奮して夢中になるんだ。すべてのドライバーがそうであるようにね」と7度の世界チャンピオンであるルイス・ハミルトンは、レース後の月曜日にインスタグラムに投稿した。


「僕の心と精神はコース上にある。それは自分のなかにある火であって、それによって僕はここまでになったんだ。でもどんな怒りもすぐに忘れられる。僕たちはそのことを話し合い、すでに次のレースのことを見据えている」


 ハミルトンは全58周のレースを、ピレリのインターミディエイトレインタイヤ1セットで完走できると考えていた。


「僕がチームに激怒しているというのは真実ではない。チームとして可能な限り最高の戦略を構築しようと、僕たちは懸命に取り組んでいる。でもレースが進むにつれてスプリット判定をしなければならない。多くの要因が絶えず変化しているんだ」


「昨日僕たちはステイアウトするというリスクを取った。ドライになることを期待していたけれど、そうはならなかった。僕はそのリスクを取りたかったし、最後まで行きたいと思っていた。でもステイアウトするという僕の戦略はうまくいかなかった。結局僕たちはピットストップした。それが最も安全なことだったんだ」


 約12周を残す時点でも、ハミルトンは競争力のあるラップタイムを出していたが、その後タイムは1秒以上落ちてしまった。それは新タイヤへの交換のためピットストップを行うよう、チームが主張していた時だった。


「非常に難しいものだ。コミュニケーションは双方向に流れる必要があるし、それが重要なことだからだ」とメルセデスF1のチーム代表であるトト・ウォルフは述べた。


「ドライバーはグリップレベルを教えてくれるコース上の重要なセンサーだが、ドライバーは彼自身を他のドライバーとパフォーマンスと比較して見ることができない」


「そのためそうした情報について我々は取り組む必要がある。なぜなら我々には戦略の面で前回ルイスが天才的な一撃と呼んだようなものがあるからだ。また、我々は互いに信頼し合うためにコミュニケーションに取り組む必要があると思う。ある意味では我々が目指していることを説明できるようにだ。無線での激しいやりとりについては、完全な情報を前にすれば、そもそもなんの問題もない。もちろん我々はルイスに対してそのような話し方はしない。なぜなら彼は時速320kmで走行しているのだからね」


「だがまったく問題はない。我々は完全に連携が取れている。我々はともに8年をここで過ごしているのだ。我々は走行中のドライバーが状況に対して苛立っていることを理解するのに十分な包容力を持っている。そして彼もそのことを後になって理解するだろう」

2021年F1第16戦トルコGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2021年F1第16戦トルコGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)



(Grandprix.com)




レース

5/7(土) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
5/8(日) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
5/9(月) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※マイアミGP終了時点
1位シャルル・ルクレール104
2位マックス・フェルスタッペン85
3位セルジオ・ペレス66
4位ジョージ・ラッセル59
5位カルロス・サインツ53
6位ルイス・ハミルトン36
7位ランド・ノリス35
8位バルテリ・ボッタス30
9位エステバン・オコン24
10位ケビン・マグヌッセン15

チームランキング

※マイアミGP終了時点
1位スクーデリア・フェラーリ157
2位オラクル・レッドブル・レーシング151
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム95
4位マクラーレンF1チーム46
5位アルファロメオF1チーム・オーレン31
6位BWTアルピーヌF1チーム26
7位スクーデリア・アルファタウリ16
8位ハースF1チーム15
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム6
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第5戦マイアミGP 5/8
第6戦スペインGP 5/22
第7戦モナコGP 5/29
第8戦アゼルバイジャンGP 6/12
第9戦カナダGP 6/19
  • 最新刊
  • F1速報

    第4戦エミリア・ロマーニャGP号