F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

アルファタウリ・ホンダのガスリー「今季ベストのパフォーマンスで6位をつかんだ」接触のアロンソには謝罪/F1第16戦

2021年10月11日

 2021年F1トルコGP決勝で、スクーデリア・アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは6位でフィニッシュ、8点を獲得した。


 スタート直後にフェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)との間に接触が起き、これを審議された結果、「ガスリーに大部分の責任がある」と判断されて、5秒のタイムペナルティとペナルティポイント2を科された。


「ガスリーがターン1に差し掛かった時、イン側には(セルジオ・)ペレス、アウト側にはアロンソがいた」とスチュワードの声明には記されている。


「両者が接触したコーナー出口の時点で、アロンソはガスリーよりも少し前に出ていた。その接触によりアロンソはスピンを喫した」


「スチュワードはこの接触の責任の大部分がガスリーにあるという結論に達した。ガスリーはアウト側にいたアロンソに十分なスペースを残していなかった。また、スチュワードはこのインシデントは1周目のターン1における回避不可能なインシデントであるとは考えていないということを指摘しておく。ガスリーはアロンソのマシンに接触した際、2台のマシンにはさまれている状態ではなかったからだ」

2021年F1第16戦トルコGP スタート直後のピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)
2021年F1第16戦トルコGP スタート直後のピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)

■スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ
ピエール・ガスリー 決勝=6位
4番グリッド/タイヤ:インターミディエイト→39周目インターミディエイト


 またトップ6内でフィニッシュできてとてもうれしい。難しいコンディションだったことを考えると、今日のパフォーマンスは今シーズンのなかでベストのひとつじゃないかな。
 5秒ペナルティを受けながら、表彰台までたったの10秒差というのは、とても良い結果だよ。


 ターン1のインシデントは少し不運だったと思う。僕はセルジオとフェルナンドに挟まれてしまい、軽い接触が起きた。それによってアロンソをスピンさせてしまったので、彼に謝りたい。


 その後、とてもいいペースで走れた。今週末のマシンパフォーマンスには満足している。今回も金曜日から速さがあったのはいいことだよ。



(autosport web)




レース

5/20(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
5/21(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
5/22(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※マイアミGP終了時点
1位シャルル・ルクレール104
2位マックス・フェルスタッペン85
3位セルジオ・ペレス66
4位ジョージ・ラッセル59
5位カルロス・サインツ53
6位ルイス・ハミルトン36
7位ランド・ノリス35
8位バルテリ・ボッタス30
9位エステバン・オコン24
10位ケビン・マグヌッセン15

チームランキング

※マイアミGP終了時点
1位スクーデリア・フェラーリ157
2位オラクル・レッドブル・レーシング151
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム95
4位マクラーレンF1チーム46
5位アルファロメオF1チーム・オーレン31
6位BWTアルピーヌF1チーム26
7位スクーデリア・アルファタウリ16
8位ハースF1チーム15
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム6
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第6戦スペインGP 5/22
第7戦モナコGP 5/29
第8戦アゼルバイジャンGP 6/12
第9戦カナダGP 6/19
第10戦イギリスGP 7/3
  • 最新刊
  • F1速報

    第4戦エミリア・ロマーニャGP号