F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

アストンマーティンF1、元マクラーレン代表ウィットマーシュを新部門のグループCEOに起用

2021年9月22日

 アストンマーティンF1チームは、F1活動を包括するアストンマーティン・パフォーマンス・テクノロジーズのグループ・チーフ・エグゼクティブ・オフィサーとして、かつてマクラーレンF1チームに所属していたマーティン・ウィットマーシュと契約したことを発表した。


 ウィットマーシュは、マクラーレンに25年間在籍し、グループCEOおよびチーム代表を務め、2014年に離脱するまでの間に、チームのタイトル獲得など、多数の成功に貢献した。その後はF1以外の世界で活動してきたものの、今回アストンマーティンに加入することで、F1への復帰を果たすことになった。正式な就任は2021年10月1日だということだ。


 アストンマーティンは、エグゼクティブチェアマンであるローレンス・ストロールの指揮のもと、F1でトップに浮上するという明確な目標を掲げており、新ファクトリーの建設をスタート、人員拡充を積極的に行っている。そんななかでチームは、9月22日、新たな組織アストンマーティン・パフォーマンス・テクノロジーズをリードするグループCEOに、ウィットマーシュを起用することを発表した。

アストンマーティンF1チームのロゴ
アストンマーティンF1チームのロゴ

 アストンマーティン・パフォーマンス・テクノロジーズは、「アストンマーティン・ブランドのF1活動を包括し、グループの技術力と知的財産の開発、応用、市場投入を行う」組織だ。


 ストロールは、ウィットマーシュの加入が、アストンマーティンF1チームを「今後4年から5年のうちに、世界選手権を制することのできる組織へと変え、同期間で10億ポンド(約1500億円)のビジネスへと発展させるという重要な目標を達成する」助けになることを期待していると述べている。



(autosport web)




レース

5/20(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
5/21(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
5/22(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※マイアミGP終了時点
1位シャルル・ルクレール104
2位マックス・フェルスタッペン85
3位セルジオ・ペレス66
4位ジョージ・ラッセル59
5位カルロス・サインツ53
6位ルイス・ハミルトン36
7位ランド・ノリス35
8位バルテリ・ボッタス30
9位エステバン・オコン24
10位ケビン・マグヌッセン15

チームランキング

※マイアミGP終了時点
1位スクーデリア・フェラーリ157
2位オラクル・レッドブル・レーシング151
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム95
4位マクラーレンF1チーム46
5位アルファロメオF1チーム・オーレン31
6位BWTアルピーヌF1チーム26
7位スクーデリア・アルファタウリ16
8位ハースF1チーム15
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム6
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第6戦スペインGP 5/22
第7戦モナコGP 5/29
第8戦アゼルバイジャンGP 6/12
第9戦カナダGP 6/19
第10戦イギリスGP 7/3
  • 最新刊
  • F1速報

    第4戦エミリア・ロマーニャGP号