F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ボッタス、メルセデスF1残留に希望を捨てず「この数年で多くのことを学んだ。挑戦の準備はできている」

2021年8月16日

 バルテリ・ボッタスは、自身がメルセデスにとって“良い資産”であると考えており、もし彼がメルセデスにいなかったら、状況は間違いなく違っていたと主張している。


 メルセデスの2022年のラインアップ決定が差し迫っているなかで、憶測が飛び交っている。関係者は、メルセデスが月末の第12戦ベルギーGPの前にジョージ・ラッセル(現ウイリアムズ)がルイス・ハミルトンのチームメイトとなることを発表すると予想している。


 しかしボッタスは、第11戦ハンガリーGPのスタートで重大なミスをしたことでトト・ウォルフ代表を失望させてしまったものの、メルセデスで6度目のシーズンを過ごす希望を捨てていない。

2021年F1第11戦ハンガリーGP バルテリ・ボッタス(メルセデス)がスタート直後に多重クラッシュを引き起こす
2021年F1第11戦ハンガリーGP バルテリ・ボッタス(メルセデス)がスタート直後に多重クラッシュを引き起こす


「自分がチームにとって良い資産である自信があるよ。僕がいなかったら状況は違っていただろうね」とハンガリーでボッタスは語った。


「僕はドライビングスキルにも自信があるけれど、決断を下すのは僕ではない。いずれ分かるだろう」


 ボッタスは2021年シーズンは精彩を欠き、いまだ優勝がないものの、自身がトップドライバーとしてまだピークに達していないと考えており、今もレースごとに学んでいる。


「今のところ僕を妨げるものは何もない。僕は間違いなくキャリアのピークに達しようとしていると感じている。まだ達してはいないけれど、僕は常に学んでいるし、よくなっている」


「明らかにここ数年で多くのことを学んだ。ドライバーとしても、人としても、自分自身のことと、何が自分の役に立つのかということを理解することが重要なんだ」


「僕は最近何事にも動じなくなってきているし、将来のために挑戦する準備ができていると感じている。明らかに僕は多くのことを学んできた」


「何が起こっても僕は自分のために、チームのために、将来のためにできることに力を尽くしていくよ」

バルテリ・ボッタス(メルセデス)
2021年F1第11戦ハンガリーGP バルテリ・ボッタス(メルセデス)



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

5/20(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
5/21(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
5/22(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※スペインGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン110
2位シャルル・ルクレール104
3位セルジオ・ペレス85
4位ジョージ・ラッセル74
5位カルロス・サインツ65
6位ルイス・ハミルトン46
7位ランド・ノリス39
8位バルテリ・ボッタス38
9位エステバン・オコン30
10位ケビン・マグヌッセン15

チームランキング

※スペインGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング195
2位スクーデリア・フェラーリ169
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム120
4位マクラーレンF1チーム50
5位アルファロメオF1チーム・オーレン39
6位BWTアルピーヌF1チーム34
7位スクーデリア・アルファタウリ17
8位ハースF1チーム15
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム6
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第6戦スペインGP 5/22
第7戦モナコGP 5/29
第8戦アゼルバイジャンGP 6/12
第9戦カナダGP 6/19
第10戦イギリスGP 7/3
  • 最新刊
  • F1速報

    第4戦エミリア・ロマーニャGP号