F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ラッセル「アロンソを抑え続けるのは不可能だった。僅差で入賞を逃し本当に悔しい」:ウイリアムズ F1第9戦決勝

2021年7月6日

 2021年F1第9戦オーストリアGPの決勝レースが行われ、ウイリアムズのジョージ・ラッセルは11位、ニコラス・ラティフィは16位でレースを終えた。


■ウイリアムズ・レーシング
ジョージ・ラッセル 決勝=11位

2021年F1第9戦オーストリアGP ジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)とフェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)

 近いようで遠かったね。スタートの蹴り出しは良かったんだけど、その直後に角田(裕毅)がチームメイトとの接触を避けようとして、僕の目の前で派手にロックアップした。それでこっちもブレーキを踏まざるをえず、いくつか順位を下げてしまったんだ。


 でも、それがレースの結果を変えたとは思わない。結局のところ、僕らより速いクルマは、僕らより前でフィニッシュすることになるからね。チームにとって10位と1ポイントは優勝にも等しい価値があり、僕もそのために全力を尽くして戦った。あの状況で背後から迫ってくるドライバーとして、フェルナンド(・アロンソ)は他の誰よりも嫌な相手だ。彼には勢いがあり、僕のタイヤの状態を考えれば、抑え続けるのは不可能だった。


 これほどの僅差でポイントを逃すのは、本当に悔しいけど、大きく進歩しつつあるのは間違いない。このポジティブな感じを維持して、シルバーストンのレースに臨みたい。


■ウイリアムズ・レーシング
ニコラス・ラティフィ 決勝=16位

ニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)
2021年F1第9戦オーストリアGP ニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)

 僕にとっては、淡々としたレースだった。オープニングラップの混乱にも巻き込まれず、その後はレースの大半を通じて単独でのドライブになった。まだ全体としてペースが遅いように感じたが、先週と比べるとクルマのフィーリングがずっと良くなっている部分もあった。その点では間違いなく進歩している。次のレースに向けて、さらに改善できるところを探したい。



(Translation:Kenji Mizugaki)




レース

10/22(金) フリー走行1回目 25:30〜26:30
フリー走行2回目 翌5:00〜翌6:00
10/23(土) フリー走行3回目 翌3:00〜翌4:00
予選 翌6:00〜翌7:00
10/24(日) 決勝 翌4:00〜


ドライバーズランキング

※トルコGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン262.5
2位ルイス・ハミルトン256.5
3位バルテリ・ボッタス177
4位ランド・ノリス145
5位セルジオ・ペレス135
6位カルロス・サインツJr.116.5
7位シャルル・ルクレール116
8位ダニエル・リカルド95
9位ピエール・ガスリー74
10位フェルナンド・アロンソ58

チームランキング

※トルコGP終了時点
1位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム433.5
2位レッドブル・レーシング・ホンダ397.5
3位マクラーレンF1チーム240
4位スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ232.5
5位アルピーヌF1チーム104
6位スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ92
7位アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラワン・チーム61
8位ウイリアムズ・レーシング23
9位アルファロメオ・レーシング・オーレン7
10位ウラルカリ・ハースF1チーム0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第17戦アメリカGP 10/24
第18戦メキシコGP 11/7
第19戦ブラジルGP 11/14
第20戦カタールGP 11/21
第21戦サウジアラビアGP 12/5
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第15戦 ロシアGP号