F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

苦手なポール・リカールでPUパフォーマンスの向上を実感「チーム全体も底上げされた」/ホンダ本橋CEインタビュー

2021年6月23日

 2021年F1第7戦フランスGPではレッドブル・ホンダが3連勝を果たす一方で、アルファタウリ・ホンダはピエール・ガスリーが今回も予選で6番グリッドを獲得、レースではややペース不足に苦しみながらも7位入賞を遂げた。「ポール・リカールはチームにはちょっと苦手なサーキットだった」とホンダF1の本橋正充チーフエンジニアは語り、実際、初日金曜日はマシンバランスに苦しんだ。しかし予選、レースに向けた大幅なセットアップ変更が功を奏し、ガスリーは6戦連続となる入賞を遂げた。


 一方の角田裕毅は予選Q1でクラッシュ、ピットレーンスタートとなったレースは序盤から積極的に攻め、最後は13位まで順位を上げた。クラッシュに関しては、大幅なセットアップ変更で「マシン特性が大きく変わったこともあった」と理解を示しつつ、成長を待ち望んでいるようだった。


────────────────────


──今週末の総括からお願いします。


本橋正充チーフエンジニア(以下、本橋CE):はい。例年ポール・リカールは、チームにはちょっと苦手なサーキットだったんですね。今年も初日はセットアップも含めて、クルマのパフォーマンスは今ひとつという感じでした。それが予選に向けて大きくセットアップを変更したこともあって、かなり改善することができました。


 しかし決勝当日は、朝から雨が降ったこと、そして風が強かったこともあって、路面グリップやクルマのバランスなど、パフォーマンス的に難しいレースになってしまいました。そんななかでもガスリー選手はうまく走ってくれたし、オーバーテイクも見せてくれた。やれることはすべてやって、何とかポイントを獲れたというところですね。


──2台にアンダーカットされて順位を下げてしまいましたが、戦略的な部分以上にロングランのペースが劣っていたのでしょうか?


本橋CE:そうですね。ただタイヤに苦しんでいたのは、他も同じだったと思います。ですのでアンダーカットの可能性は、僕らにもあったのかなと。実際にはトラフィックにつかまっていて、うまくペースが掴めないタイミングに重なっていました。そこを突かれた感じでしたね。


──ガスリー自身はレースペースの改善が今季の課題だとコメントしていましたが、今回は特に遅かったわけではない?


本橋CE:そこまで大きく悪かったとは思っていません。ただ燃料を積んだ重い状態では、挙動が悪化する傾向は確かにありますね。タイヤが重要なサーキットだと、特にマネージメントは難しくなる。今回も金曜日から、そこは感じていました。

ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)
2021年F1第7戦フランスGP ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)


──ポール・リカールはチームにとって苦手とのことですが、2年前のフランスGPもかなり苦戦しました。それに比べると、今回ははるかに戦闘力が上がったのではないですか?


本橋CE:はい。持てるパフォーマンスをすべて出しきれたかというと、そこはコンディション変化で崩された部分はあります。でも最終的にあの位置でフィニッシュできたというのは、戦略的な部分も含めてチーム全体の底上げ、進化を感じています。パワーユニット(PU)に関しても、パフォーマンスは上がっていると実感できています。


──バクー、ポール・リカールではエネルギーマネージメントが重要ですが、その進化も実感できていますか?


本橋CE:そうですね。そこはアゼルバイジャンの方が感じましたけど、電気エネルギーの回生量とかパフォーマンスは確実に上がっていると感じました。それは長いストレートが何本もあるポール・リカールでも感じたことですね。

角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)
2021年F1第7戦フランスGP 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)

■予選は振るわずも、角田は「ここまでの7戦で多くのことを吸収しているはず」

──2年前のフランスGPではスペック3を投入しながら、デプロイ切れなどに手こずりました。


本橋CE:はい。確かにライバルと比較した相対的な戦闘力では、まだまだ届かなかった。ただ一歩一歩の積み重ねや、チームの理解を得ての投入だったりを経て、今の我々があるわけで、あの時のスペック3が失敗だったとか、そういうわけではありません。今の僕らを作ってくれた一部だったんだなと。


──パワーユニット単体の比較は難しいと思いますが、今のホンダ製PUは4メーカーのなかでトップの実力があると思いますか?


本橋CE:確実にトップだとは、まだ思っていません。メルセデスやフェラーリと互角に戦える、そしてすべてが噛み合ったときには、レッドブル・ホンダはメルセデスに勝てる、そこまでは行けている。肩を並べて戦えるところまで来ているとは思っています。


──今週末の角田選手の戦いぶりは、どんなふうに見ましたか。


本橋CE:予選に関しては、FP3後にセットアップを大きく変えたこともあって、残念な結果になってしまいました。ただガスリーは対応できているわけで、そこも学びのひとつだったと思います。一方でレースはピットレーンスタートでしたが、しっかりオーバーテイクしてくれたし、タイヤマネージメントもできている。予選は残念でしたが、ここまでの7戦で多くを吸収してくれているはずです。もうちょっと落ち着いてとは思いますけど、学ぶなかでは失敗することも必要なのかもしれません。


──予選Q1の走りは、必ずしも全開アタックではなかったのですか?


本橋CE:そうはいっても予選ですから、通常よりは気合は入っていたと思います。ただクルマの特性が大きく変わったのも、要因としてはある気がします。FP3でもマシンバランスがもうひとつだったので、予選に向けてセットアップを見直しました。あと風もあって、バランスが変わった部分はあるでしょうね。

角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)
2021年F1第7戦フランスGP 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)

ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)
2021年F1第7戦フランスGP ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)

ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)
2021年F1第7戦フランスGP ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)



(取材・まとめ 柴田久仁夫)




レース

7/30(金) フリー走行1回目 18:30〜19:30
フリー走行2回目 22:00〜23:00
7/31(土) フリー走行3回目 19:00〜20:00
予選 22:00〜23:00
8/1(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン185
2位ルイス・ハミルトン177
3位ランド・ノリス113
4位バルテリ・ボッタス108
5位セルジオ・ペレス104
6位シャルル・ルクレール80
7位カルロス・サインツJr.68
8位ダニエル・リカルド50
9位ピエール・ガスリー39
10位セバスチャン・ベッテル30

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位レッドブル・ホンダ289
2位メルセデス285
3位マクラーレン163
4位フェラーリ148
5位アルファタウリ・ホンダ49
6位アストンマーティン48
7位アルピーヌ40
8位アルファロメオ2
9位ウイリアムズ0
10位ハース0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第11戦ハンガリーGP 8/1
第12戦ベルギーGP 8/29
第13戦オランダGP 9/5
第14戦イタリアGP 9/12
第15戦ロシアGP 9/26
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第10戦イギリスGP号