F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

レッドブル・ホンダ密着:圧巻のアタックでフェルスタッペンが今季2度目のポール。ウイングの荷重検査も問題なし

2021年6月20日

 レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが開幕戦バーレーンGP以来、6戦ぶり今シーズン2回目のポールポジションを獲得した。


 チャンピオンシップリーダーのフェルスタッペンが、今シーズン2回目というのは少し意外に聞こえるかもしれないが、決して予選で遅かったわけではない。前戦アゼルバイジャンGPとその前のモナコGPはQ3の最後のアタックで他車がクラッシュしたために赤旗が出て、本来の実力を出しきれずに終わっていた。


 その前の3戦もポールポジションを獲得したメルセデス勢に接近したポール争いを演じていた。今シーズン2回といっても、タイトル争いをしているルイス・ハミルトン(メルセデス)もじつは今シーズンまだ2回で、あとはシャルル・ルクレール(フェラーリ)が2回、バルテリ・ボッタス(メルセデス)が1回なので、今回のフェルスタッペンの2回は今シーズン最多タイというわけだ。

マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2021年F1第7戦フランスGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)


 今シーズン2回目のポールポジションを獲得したフェルスタッペンのアタックは、圧巻だった。


 その予感は、すでにフリー走行3回目から漂っていた。セッション終了7分前に、フェルスタッペンはピットインし、メカニックによってマシンがガレージに戻されていたからだ。トラブルがあったからではない。やることが何もないくらい、マシンが完璧にセットアップされていたからだ。それは、そのフリー走行3回目でフェルスタッペンが、ただひとり1分31秒台を記録していたことでもわかる。


 果たして、その予感は予選で的中。Q3の1回目のアタックで2番手のハミルトンに約コンマ4秒差の1分30秒325をマークしたフェルスタッペンは、2回目のアタックで自己ベストをコンマ4秒上回るスーパーラップを披露。2番手のハミルトンが「今日のホンダエンジンのストレートでのスピードにはまったく歯が立たなかった」と脱帽していたほど、速かった。


 ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターも「ヨーロッパのパーマネントサーキットに戻っての3連戦初戦でポールポジションを獲得できたことは大きな励みになります」と、投入した2基目のパワーユニットに手応えを感じている様子。


 ちなみにメルセデスがスペインGP直後にクレームを入れたリヤウイングのたわみに関しては、すでに新しい荷重検査が導入されており、予選後、違反したマシンは1台もなかった。レッドブル・ホンダの速さは、いまや本物となった。

マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)&ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2021年F1第7戦フランスGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)&ルイス・ハミルトン(メルセデス)

セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)
2021年F1第7戦フランスGP セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)

セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)
2021年F1第7戦フランスGP セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)



(Masahiro Owari)




レース

7/30(金) フリー走行1回目 18:30〜19:30
フリー走行2回目 22:00〜23:00
7/31(土) フリー走行3回目 19:00〜20:00
予選 22:00〜23:00
8/1(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン185
2位ルイス・ハミルトン177
3位ランド・ノリス113
4位バルテリ・ボッタス108
5位セルジオ・ペレス104
6位シャルル・ルクレール80
7位カルロス・サインツJr.68
8位ダニエル・リカルド50
9位ピエール・ガスリー39
10位セバスチャン・ベッテル30

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位レッドブル・ホンダ289
2位メルセデス285
3位マクラーレン163
4位フェラーリ148
5位アルファタウリ・ホンダ49
6位アストンマーティン48
7位アルピーヌ40
8位アルファロメオ2
9位ウイリアムズ0
10位ハース0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第11戦ハンガリーGP 8/1
第12戦ベルギーGP 8/29
第13戦オランダGP 9/5
第14戦イタリアGP 9/12
第15戦ロシアGP 9/26
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第10戦イギリスGP号