F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ハミルトン、持続可能性に反するF1マシンの重量増加に苦言「重くなれば無駄に使うエネルギーが増える」

2021年6月16日

 メルセデスのルイス・ハミルトンは、長年にわたりF1マシンの重量が定期的に増加されることは、グランプリレースの持続可能性推進に反しており、スポーツを間違った方向に導く可能性があると述べている。


 F1ハイブリッド時代の幕開けである2014年には、最低重量(燃料分を加算しない重量)は691?に設定されていた。しかし様々な規則変更によってより重いコンポーネントが追加された結果、重量は年ごとに増加し、最低基準値は752kgにまで増加した。そしてレギュレーション改正により、2022年のF1マシンの最低重量はさらに38kg増えて790kgになる予定だ。


「とりわけ持続可能性を高めるための話し合いが行われており、スポーツがその方向に進んでいるときに、どうしていっそう重くしてしまうのか理解できない」とハミルトンは先週末にバクーで語った。


「どんどん重くなっていくことで、ますます多くのエネルギーを消費することになるのだから、まったく正しい方向や正しい思考プロセスに向かっていない」

ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2021年F1第6戦アゼルバイジャンGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)


 1995年まで遡ると、最低重量レベルは595kgだったが、2010年までには620kgに増加した。ハミルトンはより軽く、より小さなマシンがより良いレースを生み出すと主張した。


「軽いマシンは動きがより鋭敏で、大きなマシンとは段違いだった。だからレースとマシン操作はもっと優れていた」


「僕たちが向かうコースは広くなってきていて(バクーのように)場所によってはかなり広い。もちろん他の場所では狭いところもある。でもモナコはいつも他と比べて追い越しが難しかったし、今のマシンはあまりに大きい。あのサーキットには大きすぎるんだ」


「僕が言ったようにどんどん重くなれば、無駄に使うエネルギーが増えるし、ブレーキが重くなり、より多くのブレーキダストが出て、向かう場所に行くのにより多くの燃料が必要になったりする。だからこのことはまったく理解できない」

ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2021年F1第6戦アゼルバイジャンGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

7/30(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/31(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
8/1(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン192
2位マックス・フェルスタッペン186
3位ランド・ノリス113
4位バルテリ・ボッタス108
5位セルジオ・ペレス104
6位シャルル・ルクレール80
7位カルロス・サインツJr.80
8位ダニエル・リカルド50
9位セバスチャン・ベッテル48
10位ピエール・ガスリー48

チームランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位メルセデス300
2位レッドブル・ホンダ290
3位マクラーレン163
4位フェラーリ160
5位アルピーヌ75
6位アストンマーティン66
7位アルファタウリ・ホンダ64
8位ウイリアムズ6
9位アルファロメオ2
10位ハース0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第11戦ハンガリーGP 8/1
第12戦ベルギーGP 8/29
第13戦オランダGP 9/5
第14戦イタリアGP 9/12
第15戦ロシアGP 9/26
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第10戦イギリスGP号