F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1技術解説モナコGP(2)レッドブルの鋸刃型ディフューザー、矢継ぎ早にアップデートを投入するアルピーヌ

2021年6月3日

 2021年F1第5戦モナコGPで各チームが走らせたマシンを、F1i.comの技術分野を担当するニコラス・カルペンティエルが観察、印象に残った変更等について解説する。第2回では、レッドブルが導入した新ディフューザー、アルピーヌのバージボードを取り上げる。


────────────────────────────────


 モナコGPで、レッドブルはRB16Bのディフューザーにも変更を施していた(黄色矢印参照)。2枚目と3枚目のフィンにノコギリの刃のような形状を加えたのだ。このひとつひとつのギザギザが小さな渦を発生し、気流が剥離するのを防ぐ。その結果ダウンフォースが増大するわけだが、同時にドラッグが増えるマイナス面もある。しかし低速市街地コースのモナコでは大きなハンデキャップにならないと、レッドブルは判断したのだろう。

レッドブルRB16Bのディフューザー比較
レッドブルRB16Bのディフューザー比較

 ちなみにメルセデスは2年前のモンツァで、鋸の刃状のリヤウイングを導入している。

2019年F1イタリアGPでメルセデスが導入した鋸の刃状リヤウイング
2019年F1イタリアGPでメルセデスが導入した鋸の刃状リヤウイング

■出だしで躓いたアルピーヌが矢継ぎ早の空力アップデート

 アルピーヌが昨シーズン終盤の勢いを持続できなかった大きな原因のひとつが、開発段階での風洞データに問題が出ていたことだった。その問題がようやく究明されて以降、チームは矢継ぎ早に空力アップデートを投入している。


 第2戦エミリア・ロマーニャでフロントウイングとケープ、第3戦ポルトガルでディフューザー、第4戦スペインでさらに改良版ディフューザーという具合だ。そして今回のモナコでは、バージボードに改良が加えられた。

アルピーヌA521のバージボード比較
アルピーヌA521のバージボード比較

 具体的にはまずバージボード先端上方に、ウイングレットが追加された(黄色矢印およびワイプ写真参照)。マクラーレンが昨シーズン以来採用したものと、同じコンセプトである。一方でフロア側の2枚のデフレクターは取り外された(赤矢印参照)。


 ちなみにF1マシンのバージボードには、1)整流効果、2)ボーテックス渦流の発生、3)ダウンフォースの増大の、主に3つの役割がある。



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(翻訳・まとめ 柴田久仁夫)




レース

10/8(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/9(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
10/10(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※トルコGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン262.5
2位ルイス・ハミルトン256.5
3位バルテリ・ボッタス177
4位ランド・ノリス145
5位セルジオ・ペレス135
6位カルロス・サインツJr.116.5
7位シャルル・ルクレール116
8位ダニエル・リカルド95
9位ピエール・ガスリー74
10位フェルナンド・アロンソ58

チームランキング

※トルコGP終了時点
1位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム433.5
2位レッドブル・レーシング・ホンダ397.5
3位マクラーレンF1チーム240
4位スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ232.5
5位アルピーヌF1チーム104
6位スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ92
7位アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラワン・チーム61
8位ウイリアムズ・レーシング23
9位アルファロメオ・レーシング・オーレン7
10位ウラルカリ・ハースF1チーム0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第16戦トルコGP 10/10
第17戦アメリカGP 10/24
第18戦メキシコGP 11/7
第19戦ブラジルGP 11/14
第20戦カタールGP 11/21
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第15戦 ロシアGP号