F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

アストンマーティンがついにF1に復活。伝統のグリーンをまとった2021年型新マシン『AMR21』を発表

2021年3月4日

 3月3日(日本時間4日)、アストンマーティン・コグニザントF1チームは、2021年シーズンに向け新マシン『AMR21』を発表した。アストンマーティンが最後にF1に参戦したのは1960年のことであり、61年ぶりにアストンマーティンの名前がF1に復活する。


 2020年までレーシングポイントの名前でF1を戦ってきた同チームは、昨年1月にチームオーナーのローレンス・ストロール率いる投資家グループがアストンマーティンの株式を取得したことにより、2021年よりアストンマーティンとして参戦することが決まった。


 その2020年、レーシングポイントは開幕前から話題を集めた。というのも2020年型マシン『RP20』がメルセデスF1の2019年型マシンに酷似しており、“ピンクメルセデス”と揶揄され他チームからの抗議を受けたのだ。調査の結果、RP20のブレーキダクトの設計方法が違法であるという判決が下され、コンストラクターズポイントを15ポイント剥奪、約5000万円の罰金を科された。


 だがレーシングポイントはシーズンを通して速さを発揮し、セルジオ・ペレスとランス・ストロールは安定して入賞を続ける。難コンディションのなかで行われた第14戦トルコGPの予選ではストロールがキャリア初のポールポジションを獲得し、第16戦サクヒールGPではレース序盤に最後尾まで順位を落としたペレスが大逆転でF1初優勝。さらにストロールが3位に入賞したことで、初のダブル表彰台を獲得し、最終的にはコンストラクターズ選手権4位という成績を残した。


 そして迎えた2021年、チームにはストロールが残留するが、ペレスに代わって新たに4度のF1チャンピオンであるセバスチャン・ベッテルを迎え入れた。実力のあるドライバーふたりを起用するアストンマーティンは、昨年逃した中団トップの座を掴み、さらにはトップチームに挑みたいところだ。


 なおAMR21のシェイクダウンは、3月4日(木)にイギリスのシルバーストンで行われる予定となっている。

アストンマーティンF1の2021年型マシン『AMR21』
アストンマーティンF1の2021年型マシン『AMR21』



(autosport web)




レース

4/16(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
4/17(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 21:00〜
4/18(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※バーレーンGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン25
2位マックス・フェルスタッペン18
3位バルテリ・ボッタス16
4位ランド・ノリス12
5位セルジオ・ペレス10
6位シャルル・ルクレール8
7位ダニエル・リカルド6
8位カルロス・サインツJr.4
9位角田裕毅2
10位ランス・ストロール1

チームランキング

※バーレーンGP終了時点
1位メルセデス41
2位レッドブル・ホンダ28
3位マクラーレン18
4位フェラーリ12
5位アルファタウリ・ホンダ2
6位アストンマーティン1
7位アルファロメオ0
8位アルピーヌ0
9位ウイリアムズ0
10位ハース0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第2戦エミリア・ロマーニャGP 4/18
第3戦ポルトガルGP 5/2
第4戦スペインGP 5/9
第5戦モナコGP 5/23
第6戦アゼルバイジャンGP 6/6
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年開幕直前号