F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1デビューから20年のライコネン、情熱は衰えず「新シーズンに向けてわくわくしている。『C41』の感触を確かめたい」

2021年2月23日

 アルファロメオ・レーシング・オーレンのキミ・ライコネンは、F1デビューの日から20年が経過するいまも、シーズンに向けて興奮しており、走ることへの情熱が失われていないと語った。


 2007年F1チャンピオンで現在41歳のキミ・ライコネンは、昨年、出走回数329回という記録を作り、今年さらに最多記録を更新していくことになる。


 2021年型『C41』の発表会で、2001年3月にF1デビューを果たしてから約20年たつことについて聞かれたライコネンは、それだけの時が流れても、レースが好きだという気持ちは変わっていないと答えた。

アルファロメオ・レーシング・オーレンの2021年型マシン『C41』
アルファロメオ・レーシング・オーレンの2021年型マシン『C41』

「時間がたつのは早いね。長い時間がたったけれど、途中でF1から離れていた時期もあるし、20年過ぎたという感じはしない」とライコネン。


「(今も僕をわくわくさせてくれるのは)レースをすること、マシンに乗って走ることだ。今まで、それ以外に大好きだと思うことに出会っていない。今もレースをエンジョイし、物事を改善し、向上することへのチャレンジを楽しんでいる」


「新シーズンに向けて興奮している。今はとても不確かな状況だ。まだマシンを走らせていないし、規則変更もあった。僕らがどのあたりに位置するのか、それは分からないよ」


「でも数週間後にはテストが行われるから、実際にはどういう状況なのか、マシンはどういう感触なのかがそこで分かるだろう。そして約1カ月後には開幕だ。シーズンが始まれば、全員の序列が明らかになる」


「開幕戦まで日がないから、(テストの)3日間を有意義に過ごし、しっかり周回を重ねる必要がある。マシンから多くのことを学び、そこから何を得られるかを確認しなければならない」



(autosport web)




レース

10/8(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/9(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
10/10(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※トルコGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン262.5
2位ルイス・ハミルトン256.5
3位バルテリ・ボッタス177
4位ランド・ノリス145
5位セルジオ・ペレス135
6位カルロス・サインツJr.116.5
7位シャルル・ルクレール116
8位ダニエル・リカルド95
9位ピエール・ガスリー74
10位フェルナンド・アロンソ58

チームランキング

※トルコGP終了時点
1位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム433.5
2位レッドブル・レーシング・ホンダ397.5
3位マクラーレンF1チーム240
4位スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ232.5
5位アルピーヌF1チーム104
6位スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ92
7位アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラワン・チーム61
8位ウイリアムズ・レーシング23
9位アルファロメオ・レーシング・オーレン7
10位ウラルカリ・ハースF1チーム0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第16戦トルコGP 10/10
第17戦アメリカGP 10/24
第18戦メキシコGP 11/7
第19戦ブラジルGP 11/14
第20戦カタールGP 11/21
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第15戦 ロシアGP号