F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

マクラーレンF1『MCL35M』:開発制限下でも「ほぼニューマシン」。メルセデスPU統合に取り組みベストなパッケージを実現

2021年2月16日

 マクラーレンF1チームは、2月15日、新ドライバーラインアップであるダニエル・リカルドとランド・ノリス、マクラーレン・レーシングのチーフエグゼクティブオフィサーであるザク・ブラウン、マクラーレンF1のチーム代表であるアンドレアス・ザイドルの出席のもと、2021年体制発表会を開催、ニューマシン『MCL35M』を披露した。


 2021年には昨年型シャシーが引き継がれることが規則で定められ、開発が厳しく制限されている。しかしマクラーレンは、パワーユニットをルノーからメルセデスにスイッチ。全チーム中唯一、パワーユニット変更に対応しなければならなかった。


 1月に、マクラーレン・レーシングのプロダクションディレクターであるピアーズ・シンは、非常に大きな変更を行う必要があり、ほぼニューマシンを作ったようなものだったと語っている。


「他のチームとは異なり、パワーユニットサプライヤーを変更することで、多数の変更を行う必要があった。基本的にニューマシンを作ったようなものだ」とピアーズ・シンは語る。
「MCL35を作った時とほぼ同じぐらいのニューパーツをMCL35Mに導入している」


「エンジン周りのシャシー後部とギヤボックスのベルハウジングを新しいパワーユニットに合わせて大幅に変更した。パワーユニットを変更するにはマシンの構造、すべてのパッケージングの仕方を大きく変える必要がある。そのため冷却系全体のレイアウトやパイプワーク、すべての電気系ハーネシングやコントロールボックスなども変更している」

マクラーレンF1チームが2021年型『MCL35M』を発表
マクラーレンF1チームが2021年型『MCL35M』を発表

 2021年型『MCL35M』の発表会に際し、マクラーレンF1のテクニカルディレクターであるジェームズ・キーは、次のようにコメントした。


「2020年から2021年にかけて技術レギュレーションに大きな動きはないものの、空力に関してはいくつか重要な変更が行われた。その面に正しく対応する必要があった。こういった規則への変更すべてがチャンスにつながるからだ。ウォーキングのファクトリーではそのチャンスを最大限に生かすため、難しい状況のなかで懸命に作業に当たってきた」


「『MCL35M』の設計における重要な要素のひとつは、メルセデス-AMGパワーユニットの統合だ。ウォーキングのチーム、そしてメルセデスの仲間たちは、この作業のために多大なる努力を注ぎ込んだ。ホモロゲーションされたマシンへの搭載という限定された状況にもかかわらず、チームはベストな設計作業を行い、素晴らしい仕事をした」


「F1カーの製作は簡単な仕事ではない。世界で最速であり、技術的に最も複雑なレーシングカーなのだ。その難しい作業がCOVID-19のパンデミックによってさらに困難になった。過去1年、ファクトリーのチームには、従業員の安全を維持するため、非常に厳格な検査と作業手順が取り入れられた。チームのスタッフが、このチャレンジに立ち向かい、可能な限り最高のパッケージを開発したことを、非常に誇りに思う」



(autosport web)




レース

4/16(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
4/17(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
4/18(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※エミリア・ロマーニャGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン44
2位マックス・フェルスタッペン43
3位ランド・ノリス27
4位シャルル・ルクレール20
5位バルテリ・ボッタス16
6位カルロス・サインツJr.14
7位ダニエル・リカルド14
8位セルジオ・ペレス10
9位ランス・ストロール5
10位ピエール・ガスリー6

チームランキング

※エミリア・ロマーニャGP終了時点
1位メルセデス60
2位レッドブル・ホンダ53
3位マクラーレン41
4位フェラーリ34
5位アルファタウリ・ホンダ8
6位アストンマーティン5
7位アルピーヌ3
8位アルファロメオ0
9位ウイリアムズ0
10位ハース0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第2戦エミリア・ロマーニャGP 4/18
第3戦ポルトガルGP 5/2
第4戦スペインGP 5/9
第5戦モナコGP 5/23
第6戦アゼルバイジャンGP 6/6
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年開幕直前号