F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1サクヒールGP木曜会見(3):繰り返し放送されたクラッシュ映像。ドライバーからは「何度も流す必要ない」と不満

2020年12月4日

 2020年F1第16戦サクヒールGPの木曜日の会見では、第15戦バーレーンGPにおけるロマン・グロージャン(ハース)の悲惨な事故の取り扱いに対する不満がドライバーから噴出した。そのひとりがダニエル・リカルド(ルノー)だ。


 リカルドはバーレーンGPのレース後に、グロージャンの事故の映像が何度もリプレイされたことに対して、「あれはグロージャンの家族や、これからその場でレースを再開させようとしている僕たちの家族に対して、あまりに配慮を欠いた措置だった」と怒りをあらわにしていた。


 そして、その気持ちは4日経った木曜日のサクヒールGPでも同じだと言った。


「グロージャンの安否を知らせるために映像を流すのはいいよ。彼がガードレールをジャンプして、メディカルカーまでスタッフに支えながらも歩いて行った。それで十分じゃないか。それを何度も流す必要はない」

ダニエル・リカルド(ルノー)
2020年F1第16戦サクヒールGP ダニエル・リカルド(ルノー)


 レース後、リカルドはグロージャンの妻・マリオンとの間にこんなエピソードがあったことを教えてくれた。


「彼女から投稿があったんだ。『そう言ってくれて、ありがとう』とね。それを見て、ホッとしたよ」


 リカルドはレースでのクラッシュはエンターテイメントのひとつという風潮にも疑問を呈した。


「僕はそういうものには魅力は感じない。もちろん、そういうのが好きな人もいることは知っている。でも、僕はもう、そういうのは卒業した」


 セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)もリカルドの考えに同調する。


「たぶん、立場によって受け取り方が違うんだと思う。命を賭けてレースする僕たちと、それをテレビで見ているあなた(メディア)を含めた視聴者とではね。レースが退屈だとか。もう危険じゃないとかという声を聞くと、よけいにそう感じる。でも、レースをしている限り、リスクは常にあるんだよ。だから、安全性は常に向上されているんだ」


 ベッテルは命を賭けてレースするドライバーたちに、もう少し配慮が欲しいと訴える。


「僕たちは、コクピットに座ってただ運転するだけのモノじゃない。心が通った人間なんだ。それでも、命を賭けてレースするのは、このスポーツを愛しているから。でも、今回のように事故の映像が何度も何度も流されると、少し滅入るね。もう少し、配慮してほしかった」

セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)
2020年F1第16戦サクヒールGP セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)



(Masahiro Owari)




レース

4/16(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
4/17(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
4/18(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※バーレーンGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン25
2位マックス・フェルスタッペン18
3位バルテリ・ボッタス16
4位ランド・ノリス12
5位セルジオ・ペレス10
6位シャルル・ルクレール8
7位ダニエル・リカルド6
8位カルロス・サインツJr.4
9位角田裕毅2
10位ランス・ストロール1

チームランキング

※バーレーンGP終了時点
1位メルセデス41
2位レッドブル・ホンダ28
3位マクラーレン18
4位フェラーリ12
5位アルファタウリ・ホンダ2
6位アストンマーティン1
7位アルファロメオ0
8位アルピーヌ0
9位ウイリアムズ0
10位ハース0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第2戦エミリア・ロマーニャGP 4/18
第3戦ポルトガルGP 5/2
第4戦スペインGP 5/9
第5戦モナコGP 5/23
第6戦アゼルバイジャンGP 6/6
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年開幕直前号