F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

パドック裏話 ロシアGP編:片道10時間以上の長旅となるソチは“スキップ”レースとして定着

2020年10月7日

 F1ジャーナリストがお届けするF1の裏話。今回はF1第10戦ロシアGP編です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 F1で働く人々がよく受ける質問のひとつに、「あなたが訪れる国々のなかで、ベストレースはどこ?」というものがある。

 通常、その答えはかなり長くなり、ひとつだけということは滅多にないが、いずれにしてもメルボルン、モナコ、鈴鹿、スパ・フランコルシャン、オースティン、シンガポールなどの組み合わせであることが多い。

 そして、時にはこんな質問があとに続く。「では、ワーストレースは?」

 答えはロシアの一択だ。

 どうか誤解をしないでほしい。どこで開催されようと、F1レースへ出かけていくのは胸躍るものだ。また、ロシアは現代のグランプリサーキットに必要な施設をすべて備え、本当に良いイベントを執り行っているし、ソチの冬季オリンピック公園を中心にコースを設けるという試みもとても興味深い。ただ、残念なことに、これといった魅力がないのだ。レースそのものも退屈なことが多く、F1を象徴するような開催地のひとつとは言いがたい上に、現地にたどり着くまでには多大な労苦を要する。

 チームの人々のように、直行のチャーター便に乗れるなら話は別だ。しかし、私たちの場合、本来なら4時間で到着すべき距離の移動に10時間以上もかかる。ビザの取得にも驚くほど高額の料金を取られ、モスクワ経由で飛ぶと空港での待ち時間が長く、しかもその待合ロビーがありえないほど寒い。イスタンブール経由という手もあることはあるが、それでも所要時間はあまり変わらない。

 サーキットはソチ近郊というよりも、実際にはアドラーという街にある。そして、ようやくアドラー空港に到着すると、今度は地元の交通機関がまるで組織立っていないことに気づかされる。食料品を手に入れたり、必要な日用品を買うのに、かなりの苦労を強いられることもしばしばだ。

 さらに帰路のフライトは、たいてい月曜早朝の便しか選択肢がなく、本当なら仕事をすべき一日が移動のみに費やされることになる。しかも、現地発のローカル便では眠ることもできないので、月曜を生産的に過ごすのはまず不可能だ。

 賢明な読者諸氏なら、こうして毎回F1レースへ出かけて行き、現地で仕事をする私たちに心から同情してくださるに違いない……。

…記事の続きは会員登録後閲覧できます。

※こちらの記事は一般&プレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録
※会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

6/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
6/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アゼルバイジャンGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン105
2位ルイス・ハミルトン101
3位セルジオ・ペレス69
4位ランド・ノリス66
5位シャルル・ルクレール52
6位バルテリ・ボッタス47
7位カルロス・サインツJr.42
8位ピエール・ガスリー31
9位セバスチャン・ベッテル28
10位ダニエル・リカルド26

チームランキング

※アゼルバイジャンGP終了時点
1位レッドブル・ホンダ174
2位メルセデス148
3位フェラーリ94
4位マクラーレン92
5位アルファタウリ・ホンダ39
6位アストンマーティン37
7位アルピーヌ25
8位アルファロメオ2
9位ハース0
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第7戦フランスGP 6/20
第8戦シュタイアーマルクGP 6/27
第9戦オーストリアGP 7/4
第10戦イギリスGP 7/18
第11戦ハンガリーGP 8/1
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第5戦 モナコGP号