F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

キャリーCEO、F1全体の多様性と一体性の向上を目的とした新しい財団に約1億円を寄付

2020年6月26日

 F1のCEOを務めるチェイス・キャリーは、F1全体の多様性と一体性の向上を目的とした新しい財団に資金提供をするために、自ら100万ドル(約1億700万円)を寄付した。


 新しい財団は今週初めに始まったF1の『#WeRaceAsOne』というタスクフォースと連携している。これは去年の11月に発表されたF1の野心的なサステナビリティ計画に続くものだ。


 木曜日、F1は「タスクフォースは今後数カ月間に渡って確立されていくだろう。そしてドライバーやチームだけでなく、外部の多様性および一体性の専門家からの意見を取り入れていく」と声明を発表した。


「タスクフォースはF1の科学、技術、工学、数学に関連するキャリアを含む、F1において過少評価されているグループの雇用と教育の機会を具体的に明らかにすることに焦点をあて、問題解決に必要な対応を確認する」


「タスクフォースとともに、我々はまず独占的にではないものの、主に過少評価されているグループがF1でのインターンシップや見習い期間を持てるようにする資金調達のための基盤を作るために動き始めた。彼らが能力を十分に発揮する機会を持ち、このスポーツにおいて前途有望なキャリアの手がかりを掴めるようにする」


 キャリーが投資を行った財団はまだ公式に名前は決まっていないが、彼は一体性と多様性を持つことを重視していると主張した。


「我々はF1がより一体性と多様性を持つ必要があることを十分に認識している」


「その一方で我々はF1の地位を向上させるために昨年戦略を立てたが、より多くのことをしたいし、する必要がある」


「そのために我々はタスクフォースを立ち上げた。F1の多様性を高めるために適切な取り組みが確実に行われるようにするためだ」


「我々は性別、民族、性的指向、身体能力にかかわらず、すべての人々にF1で仕事をする最高の機会を与えたいと思っている」


「そのため我々はF1全体の主要な教育や雇用機会を支援をする基盤を作るために、最初の一歩を踏み出した。これにより、過少評価された才能の持ち主に、この素晴らしいスポーツで活躍し、キャリアを築くチャンスを与えることができるだろう」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

4/16(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
4/17(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
4/18(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※エミリア・ロマーニャGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン44
2位マックス・フェルスタッペン43
3位ランド・ノリス27
4位シャルル・ルクレール20
5位バルテリ・ボッタス16
6位カルロス・サインツJr.14
7位ダニエル・リカルド14
8位セルジオ・ペレス10
9位ランス・ストロール5
10位ピエール・ガスリー6

チームランキング

※エミリア・ロマーニャGP終了時点
1位メルセデス60
2位レッドブル・ホンダ53
3位マクラーレン41
4位フェラーリ34
5位アルファタウリ・ホンダ8
6位アストンマーティン5
7位アルピーヌ3
8位アルファロメオ0
9位ウイリアムズ0
10位ハース0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第2戦エミリア・ロマーニャGP 4/18
第3戦ポルトガルGP 5/2
第4戦スペインGP 5/9
第5戦モナコGP 5/23
第6戦アゼルバイジャンGP 6/6
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年開幕直前号