F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

メルセデスはFP1で2020年タイヤのテストに集中。ボッタス「タイムを気にせずデータ収集。興味深い作業だった」

2019年11月2日

 2019年F1アメリカGPの金曜、メルセデスのバルテリ・ボッタスはフリー走行1=17番手/2=5番手だった。 


 FP1では1分36秒159、FP2では1分34秒045をそれぞれソフトタイヤで記録。メルセデスは午前中は金曜用に持ち込まれた2020年向けテストタイヤでの走行を中心に行った。

2019年F1第19戦アメリカGP バルテリ・ボッタス(メルセデス)
2019年F1第19戦アメリカGP バルテリ・ボッタス(メルセデス)

■メルセデス-AMG・ペトロナス・モータースポーツ
バルテリ・ボッタス フリー走行1=17番手/2=5番手
 午前中は来年に向けての開発作業に終始していたので、ラップタイムはまったく問題ではなかった。新しいタイヤのデータ収集に集中し、ラップタイムをまったく気にすることなくプログラムに取り組んだ。興味深い作業だったよ。


 午前中はすごく寒く、コクピット内こそ暖かくて汗も出るほどだったが、路面温度が低かったためにタイヤの温度を上げるのがとても難しかった。


 ここは路面がバンピーな箇所がいくつかある。特にターン5から6の高速セクションがひどい。マシンのリヤエンドが安定していなければ、バンプによって厳しい状況になり得る。ターン1に向けてブレーキングするエリアも路面がバンピーだから、正確にブレーキングを調整していかなければいけないんだ。


 上位グループの力はほぼ互角だと思う。ただ、FP2で僕は少し苦戦していた。ストレートでタイムを失っていたし、マシンのフィーリングは完璧とは言いがたかった。これについては今夜調べる必要がある。



(autosport web)




レース

11/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
12/1(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン413
2位バルテリ・ボッタス326
3位マックス・フェルスタッペン278
4位シャルル・ルクレール264
5位セバスチャン・ベッテル240
6位カルロス・サインツJr.96
7位ピエール・ガスリー95
8位アレクサンダー・アルボン92
9位ダニエル・リカルド54
10位セルジオ・ペレス52

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス739
2位フェラーリ504
3位レッドブル・ホンダ417
4位マクラーレン145
5位ルノー91
6位トロロッソ・ホンダ85
7位レーシングポイント73
8位アルファロメオ57
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報