F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

松田次生のF1目線:ルクレールの台頭で立場が危ういベッテル。来季に向けたモチベーションが心配

2019年9月18日

 フォーミュラ・ニッポンの元チャンピオンで、現在はスーパーGTでニスモのワークス車両でGT500を戦い、スーパーフォーミュラではチーム監督としてKCMGを率いる松田次生がF1について語る連載企画。F1第13戦ベルギーGP、第14戦イタリアGP編です。

--------------------------

 ベルギーとイタリアGPでは、シャルル・ルクレールが覚醒しましたね。スパでの予選タイムもぶっちぎり。この先怖い存在になると思います。この2戦では、メンタルの強さ見られ、攻撃的なレースができていたのではないでしょうか。モンツアでのルイス・ハミルトンに対してのクルマの寄せ方も、本当にギリギリだった。

 そういうレースをするようになったのは、オーストリアでマックス・フェルスタッペンにやられた経験が大きいのかと推測します。「あれでなんでペナルティが出ないんだ」と思いつつも、レース後に「今後は走りのスタイルを変えないといけない」とも語っていたように、自分の走りを見直した結果だと思います。

…記事の続きは会員登録後閲覧できます。

※こちらの記事は一般&プレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録
※会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

11/15(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/16(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/17(日) 決勝 翌2:10〜


ドライバーズランキング

※アメリカGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン381
2位バルテリ・ボッタス314
3位シャルル・ルクレール249
4位マックス・フェルスタッペン235
5位セバスチャン・ベッテル230
6位アレクサンダー・アルボン84
7位カルロス・サインツJr.80
8位ピエール・ガスリー77
9位ダニエル・リカルド46
10位セルジオ・ペレス44

チームランキング

※アメリカGP終了時点
1位メルセデス695
2位フェラーリ479
3位レッドブル・ホンダ366
4位マクラーレン121
5位ルノー83
6位レーシングポイント65
7位トロロッソ・ホンダ64
8位アルファロメオ35
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報