F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

「最悪のタイミングで問題が起きた」。ベッテル、ターボのトラブルで母国GPの予選を走れず。フェラーリ代表が謝罪

2019年7月28日

 2019年F1ドイツGPの土曜予選を、フェラーリのセバスチャン・ベッテルはトラブルのためタイムを出せないままに終えた。プラクティスでのタイムを考慮の上、スチュワードはベッテルのレース出走を許可した。土曜に発表された暫定グリッドではベッテルは20番グリッドから出場する予定となっている。


 フェラーリはプラクティスでは好調で3回とも首位に立ったが、Q1でベッテルにトラブルが発生した。最初のアウトラップでベッテルはパワーの低下を感じ、チームの指示でタイムを出さないままピットに戻った。チームはマシンを調べた後、ベッテルの予選走行を断念した。後にチームはターボ関連の問題が起きたとの見解を発表している。


 ベッテルのチームメイト、シャルル・ルクレールもトラブルのためQ3を走れずに終わった。チーム代表マッティア・ビノットは、ベッテルのトラブルは今まで経験したことがないものであるとして、「インタークーラーのコンポーネントに関連している可能性があると考えている。以前使っていたものと同じ仕様だが、新しく装着したものだ」とコメントした。


「チーム全員がひどく落胆している。特にドライバーたちに申し訳なく思う。自分たち自身に怒りを感じる。私個人としては、今日起きたことに責任を感じているが、冷静にこの問題に対応し、明日ベストを尽くさなければならない」

2019年F1第11戦ドイツGP ファンに手を振るセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)
2019年F1第11戦ドイツGP ファンに手を振るセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)

■スクーデリア・フェラーリ
セバスチャン・ベッテル 予選=ノータイム
 今日の予選を楽しみにしていた。今週末はずっとマシンが好調だったからね。でも実際にはものすごく残念なことが起きてしまった。昨日の段階からマシンの感触がよくて、今朝はさらによくなっていた。先頭からレースをスタートする可能性もあった。なのに、最後尾からのスタートだ。


 もちろん、ものすごくがっかりしている。ホームレースで大勢のファンの前でこんなことが起きるなんて。これ以上ないほど最悪のタイミングだ。


 問題について話すと、ピットから出た時、何か壊れたとかそういう感触はなかった。ただ、パワーが落ちた。


 それでも明日のレースを楽しみにしている。できるだけたくさん順位を上げるために全力を尽くすつもりだ。いくつかポイントを持ち帰れればいいね。



(autosport web)




レース

9/6(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
9/7(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
9/8(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イタリアGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン284
2位バルテリ・ボッタス221
3位マックス・フェルスタッペン185
4位シャルル・ルクレール182
5位セバスチャン・ベッテル169
6位ピエール・ガスリー65
7位カルロス・サインツJr.58
8位ダニエル・リカルド34
9位アレクサンダー・アルボン34
10位ダニール・クビアト33

チームランキング

※イタリアGP終了時点
1位メルセデス505
2位フェラーリ351
3位レッドブル・ホンダ266
4位マクラーレン83
5位ルノー65
6位トロロッソ・ホンダ51
7位レーシングポイント46
8位アルファロメオ34
9位ハース26
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第14戦イタリアGP 9/8
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報