F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

クビアト15番手「新旧パワーユニットの違いはごくわずか」:トロロッソ・ホンダ F1フランスGP金曜

2019年6月22日

 2019年F1フランスGPの金曜、レッドブル・トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトはフリー走行1=14番手/2=15番手だった。


 クビアトはFP1で24周を走行、FP2では37周を走りこむなかで1分33秒254のタイムを出した。


 今回ホンダはスペック3パワーユニットを導入、金曜のFIA発表では、クビアトに関しては、ICE(4基目)、ターボチャージャー(3基目)、MGU-H(3基目)、MGU-K(3基目)、エナジーストア(3基目)、コントロールエレクトロニクス(3基目)が導入され、ICE、MGU-K、エナジーストア、コントロールエレクトロニクスについては制限数を超えるため、「後方グリッドからのスタート」というペナルティが言い渡されている。

2019年F1第8戦フランスGP ダニール・クビアト(トロロッソ・ホンダ)
2019年F1第8戦フランスGP ダニール・クビアト(トロロッソ・ホンダ)

■レッドブル・トロロッソ・ホンダ
ダニール・クビアト フリー走行1=14番手/2=15番手
 有意義な作業ができたので、全体的に見て悪くない一日だった。タイヤについて理解するのが簡単ではなかったけれど、なんとか多くのことを学べたと思う。FP2はとてもスムーズにいき、マシンの状態を確認するためのテストをいくつかこなした。


 レースへの準備を中心に行う一方で、ショートランも何回かやって、マシンのパフォーマンスを確認した。


 今日は必要な作業をすべて行うことができたので、この後、マシンをさらに改善するために何ができるかを探っていく。


(grandprix.comのインタビューに対して、今回のパワーユニット交換について語り)エンジニアが、(これまで使っていた)パワーユニットに何か気に入らないものがあるからここで(交換を)行った方がいいと言った。古いエンジンで週末を走り切れるという100パーセントの自信がないということだった。


(アップグレード版とこれまでのパワーユニットとを比べると)違いはごくわずかであり、数値化もしていない。データからは、実際、大きな違いは見られない。理解するためにもっと深く掘り下げる必要がある。いずれにしてもデータ上、大きな違いにはならないが、それは予想していたことだ。


(最後尾スタートになることについて)いいレースをすることを目指すよ。後方からでもいい走りができるはずだ。



(autosport web)




レース

7/12(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/13(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/14(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン223
2位バルテリ・ボッタス184
3位マックス・フェルスタッペン136
4位セバスチャン・ベッテル123
5位シャルル・ルクレール120
6位ピエール・ガスリー55
7位カルロス・サインツJr.38
8位キミ・ライコネン25
9位ランド・ノリス22
10位ダニエル・リカルド22

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位メルセデス407
2位フェラーリ243
3位レッドブル・ホンダ191
4位マクラーレン60
5位ルノー39
6位アルファロメオ26
7位レーシングポイント19
8位トロロッソ・ホンダ19
9位ハース16
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第10戦イギリスGP 7/14
第11戦ドイツGP 7/28
第12戦ハンガリーGP 8/4
第13戦ベルギーGP 9/1
第14戦イタリアGP 9/8
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報