F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ホンダ田辺TD「スペック3パワーユニットのデビューは順調。予選・決勝に向け最適化を進めていく」:F1フランスGP金曜

2019年6月22日

 2019年F1フランスGPの金曜、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンはフリー走行1=4番手/2=6番手、ピエール・ガスリーはフリー走行1=6番手/2=8番手だった。トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトはフリー走行1=14番手/2=15番手、アレクサンダー・アルボンはフリー走行1=10番手/2=13番手という結果だった。


 ホンダは予定どおり、パフォーマンスの向上を図り、フェルスタッペン、ガスリー、クビアトのマシンに新たな仕様“スペック3”のパワーユニット(PU/エンジン)を投入した。


 金曜のFIA発表では、レッドブル勢の2台には、ICE(エンジン)、ターボチャージャー、MGU-Hのそれぞれシーズン3基目が入れられた。これは規則で定められた基数制限内の交換であるため、ペナルティは科されない。


 しかしクビアトに関しては、ICE(4基目)、ターボチャージャー(3基目)、MGU-H(3基目)、MGU-K(3基目)、エナジーストア(3基目)、コントロールエレクトロニクス(3基目)が導入され、ICE、MGU-K、エナジーストア、コントロールエレクトロニクスについては制限数を超えるため、「後方グリッドからのスタート」というペナルティが言い渡されている。

2019年F1第8戦フランスGP ダニール・クビアト(トロロッソ・ホンダ)
2019年F1第8戦フランスGP ダニール・クビアト(トロロッソ・ホンダ)

 ホンダは「新しい仕様のPUに問題はなく、このレースウイークエンド初日から力強さを見せた」「FP1、FP2で得たデータを生かし、土曜日のFP3と予選でPUの威力を最大限に発揮できるよう、チーム一丸となり取り組んでいく」と述べている。


■ホンダF1テクニカルディレクター 田辺豊治
 本日のフランスGP初日には、アストンマーティン・レッドブル・レーシングの2台と、レッドブル・トロロッソ・ホンダのクビアト選手のマシンにスペック3のPUを投入しました。アルボン選手に投入しなかった理由としては、トロロッソの2台が同時にペナルティを受けることを避けるためです。


 今日は大きなトラブルもなく、スムーズな一日となり、新しく投入したスペック3のセッティングも順調に進めることができました。


 今晩、さらに細かい部分のデータを分析し、明日の予選とレースに備えます。



(autosport web)




レース

11/15(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/16(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/17(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アメリカGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン381
2位バルテリ・ボッタス314
3位シャルル・ルクレール249
4位マックス・フェルスタッペン235
5位セバスチャン・ベッテル230
6位アレクサンダー・アルボン84
7位カルロス・サインツJr.80
8位ピエール・ガスリー77
9位ダニエル・リカルド46
10位セルジオ・ペレス44

チームランキング

※アメリカGP終了時点
1位メルセデス695
2位フェラーリ479
3位レッドブル・ホンダ366
4位マクラーレン121
5位ルノー83
6位レーシングポイント65
7位トロロッソ・ホンダ64
8位アルファロメオ35
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報