F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ロス・ブラウンがホンダF1の進歩を称賛「4台トップ8入りは数年前には考えられなかったリザルト」

2019年5月31日

 F1のマネージングディレクター、ロス・ブラウンは、2019年第6戦モナコGPでホンダのパワーユニット(PU/エンジン)を搭載したマシン4台がトップ8に入ったのは素晴らしいリザルトであるとして、レッドブル・ホンダは提携初シーズンから結果を出し始めていると高く評価した。


 レッドブル・ホンダが順調に進歩しているのは、2018年に姉妹チームのトロロッソが1年早くホンダとのパートナーシップをスタートさせたことによる貢献も大きいと、ブラウンは考えている。


 トロロッソは2017年末でルノーとの契約を終え、2018年からパワーユニットをホンダに変更した。その状況を確認した後、レッドブルも2019年にホンダのパワーユニットを搭載することを決めた。


 レッドブルとの提携1年目のシーズンから、ホンダのパワーユニットは高い信頼性を示し、パフォーマンスレベルも向上しつつある。


「モナコGPではホンダのパワーユニット搭載車が4台、トップ8に入った。数年前のホンダには達成が難しいと思われたリザルトだ」とブラウンはモナコGP後のコラムに記している。


「昨年のトロロッソとの“婚約”に続く、レッドブルとの“結婚”は、大きな成果を出しつつある」


「大部分がレッドブル・レーシングの力によるものだが、姉妹チームであるトロロッソの昨年および今シーズンの活動による貢献も非常に大きい」

■「トロロッソのアルボンは2019年F1ルーキーのなかでベスト」とブラウン

 ブラウンは、レッドブルとトロロッソの4人のドライバーすべてを高く評価しているが、一番驚かされたのは今年F1にデビューしたアレクサンダー・アルボンであると語った。

2019年F1第6戦モナコGP アレクサンダー・アルボン(トロロッソ・ホンダ)
2019年F1第6戦モナコGP アレクサンダー・アルボン(トロロッソ・ホンダ)

「このふたつのチームは、経験レベルの異なる若手ドライバーを走らせているが、皆、非常に力がある」とブラウン。


「フェルスタッペンが才能あるドライバーであることは、すでに広く認められている(彼がまだ21歳だということは忘れられがちだが)」


「レッドブル・レーシングに加入したピエール・ガスリーは、急速にパフォーマンスを上げてきている。トロロッソのダニール・クビアトは、1年レースから遠ざかっていたが、粘り強い努力で表舞台に戻ってきた」


「だが、一番の驚きはアレクサンダー・アルボンだろう。彼は今年の3人のルーキーのなかで最も活躍している」


「モナコで彼は、速さとクレバーさの両方を持ち合わせていることを証明した。予選で使用したソフトタイヤをうまく管理し、40周もの距離を走り切ったのだ」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

11/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
12/1(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン413
2位バルテリ・ボッタス326
3位マックス・フェルスタッペン278
4位シャルル・ルクレール264
5位セバスチャン・ベッテル240
6位カルロス・サインツJr.96
7位ピエール・ガスリー95
8位アレクサンダー・アルボン92
9位ダニエル・リカルド54
10位セルジオ・ペレス52

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス739
2位フェラーリ504
3位レッドブル・ホンダ417
4位マクラーレン145
5位ルノー91
6位トロロッソ・ホンダ85
7位レーシングポイント73
8位アルファロメオ57
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報