F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ホンダF1甘口コラム 第3戦中国GP編:2チーム体制となっても問題の早期発見と対応がスムーズに機能。5年目のホンダに死角なし

2019年4月22日

 ホンダがパワーユニットを供給しているレッドブル、トロロッソの活躍を甘口&辛口のふたつの視点からそれぞれ評価する連載コラム。レースごとに、週末のレッドブル、トロロッソのコース内外の活躍を批評します。2019年F1第3戦中国GPを甘口の視点でジャッジ。

----------------------------

 2019年シーズンが開幕して、3戦目にして初めて、ホンダはパワーユニット(PU/エンジン)にトラブルを発生させた。中国GPの初日のフリー走行1回目を終えて、ピットインしたダニール・クビアトのパワーユニットのセンサーにデータ的な異常が発見されたのだ。

 トラブル自体は決して褒められるものではない。しかし、過去4年間、ホンダが起こしてきたさまざまなトラブルと比較すると、中国GPのトラブルはこれまでとは大きく異なっていた。

 まず、ホンダのスタッフが非常に落ち着いて仕事をしていたことだ。中国GPのフリー走行1回目が終了した後、サーキットではFIAによる金曜会見が開かれていた。その会見にホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターが出席していた。田辺TDによれば、「私は記者会見に出ていたので、会見が終わったときにスタッフから『交換することにしました』という連絡を受けました」と言う。

 つまり、パワーユニット交換を最終的に判断したのはトロロッソ側のチーフエンジニアを務める本橋正充だったと考えられる。今年からホンダはトロロッソだけでなく、レッドブルにもパワーユニットを供給するようになり、現場スタッフの数が約2倍に増えた。しかも、その頂点に立つ田辺TDはFIAの会見に出席しなければならない。しかし、ホンダの2チーム体制はしっかりと機能していた。

 それはフリー走行2回目が始まって45分間、クビアトがガレージにとどまることになっても、田辺TDはレッドブルのガレージを離れることがなかったことでもわかる。

「今年はレッドブルと初めて組むので、『流れをつかむまでは、私はレッドブル側にいる』ということは、トロロッソ側にも伝えています。トロロッソからは『去年と同じ席を用意している』とは言われていて、トロロッソ側に何かあったから、私はいつでも行けますが、だからといって、必ずトロロッソへ行くというわけではありません」と田辺TDは語る。

 2チーム体制はしっかりと機能していたことは、センサー異常を早期に発見したことにも表れている。クビアトは「まったく気がつかなかった」と言っていることから、発見したのはホンダのデータエンジニアだったと思われる。もし、このデータエンジニアがデータ異常を見逃していたら、トラブルはフリー走行2回目が開始された直後に発生していたかもしれない。そうなると、クビアトのフリー走行2回目は90分間、無駄になっていた。

「フリー走行2回目が始まって45分間走行できなかったことは、大変申し訳なかったのですが、トラブルが1回目のセッションの終了間際に発見されたことは、不幸中の幸いだったかもしれません」(田辺TD)

 さらにパワーユニットに深刻なダメージを与えずに止めたことで、ダメージがなぜ発生したのかを探る手がかりが残され、原因究明に大きく役立てられる。

 苦境に立たされているときこそ、その人の真価が問われるという言葉がある。5年目のホンダは、その部分でも大きく成長していた。

(Masahiro Owari)




レース

8/7(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
8/8(土) フリー走行3回目 19:00〜20:00
予選 22:00〜
8/9(日) 決勝 22:10〜


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン88
2位バルテリ・ボッタス58
3位マックス・フェルスタッペン52
4位ランド・ノリス36
5位シャルル・ルクレール33
6位アレクサンダー・アルボン26
7位セルジオ・ペレス22
8位ランス・ストロール20
9位ダニエル・リカルド20
10位カルロス・サインツJr.15

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位メルセデス146
2位レッドブル・ホンダ78
3位マクラーレン51
4位フェラーリ43
5位レーシングポイント42
6位ルノー32
7位アルファタウリ・ホンダ13
8位アルファロメオ2
9位ハース1
10位ウイリアムズ0
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 7/27号 第1・2戦第1戦オーストリアGP & 第2戦シュタイアーマルクGP合併号