F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1中国GP木曜会見:ライコネン、F1ドライバーを夢見るきっかけとなった思い出のレースを語る

2019年4月12日

 2019年の第3戦中国GPは、F1にとって1000回目のグランプリ。ということで木曜日の会見に集まった、キミ・ライコネン(アルファロメオ)、ロマン・グロージャン(ハース)、セルジオ・ペレス(レーシングポイント)、アレクサンダー・アルボン(トロロッソ・ホンダ)の4人には、1000回目のグランプリに関する質問が相次いだ。


 まず、「あなたがF1ドライバーを夢見るきっかけとなったレースはどれか?」という質問だった。

2019年F1第3戦中国GP キミ・ライコネン(アルファロメオ)
2019年F1第3戦中国GP キミ・ライコネン(アルファロメオ)


 現在39歳でF1最年長かつ今回が297戦(294スタート)と現役の中で最多出場を誇るライコネンは、1986年の最終戦オーストラリアGPを挙げた。


「歳も歳だからかなり前のことでよく覚えていないけど、80年代にケケ(・ロズベルグ)がトップを走っていて、ロングストレートを走行中にタイヤがバーストしたのがとても記憶に残っている。たしかアデレードだったと思う。フィンランド人ドライバーを応援していたのに。しかも、あんな形で彼が引退するなんて……」


 ライコネンの次に年長のグロージャンは、ちょっぴり面白いエピソードを披露してくれた。


「父親がF1好きで、よくテレビで見ていた。僕が見始めたときはアイルトン・セナとアラン・プロストが激しい戦いを演じていたときで、とても興奮して見ていたことを覚えている。その後、モナコGPに観戦に行くことになったんだ。生で見たF1は最高だった。木曜日のフリー走行だったけど、セッション後にトイレへ行ったら、DC(デビッド・クルサード)に出くわしたんだ」


「順番待ちをしていたら、『坊や、お先にどうぞ』って、譲ってくれたんだ。生のF1だけでなく、F1ドライバーにも会えて、しかも声をかけられるなんて、最高の思い出だったよ」

■当時6歳だったアレクサンダー・アルボンの思い出

 今年20代最後の年となるペレスも、初めて見たレースで印象に残っているのはセナだと語った。しかしペレスの場合はちょっと悲しいストーリーだ。


「僕が初めてF1を見たのは、1994年だった。セナがアクシデントに見舞われた、あのレースだよ。父親はとてもショックを受けていたみたいだけど、僕は事の重大さを理解していなかった。だから、僕はそれからもF1をテレビで見て、レースにのめり込んでいった」


「メキシコでは時差の関係で日曜日の早朝にレースがスタートするけど、普通なら寝ているのに、F1がある日は朝6時とか7時に起きて、テレビにかじりついていた。ここにいるキミのレースも覚えているよ。いまよりずっと若かったけどね(笑)」

2019年F1第3戦中国GP アレクサンダー・アルボン(トロロッソ・ホンダ)
2019年F1第3戦中国GP アレクサンダー・アルボン(トロロッソ・ホンダ)


 最後は今年、F1にデビューして、まだ2戦しか経験していない23歳のアルボンだが、F1ドライバーになる前には、とんでもない思い出があった。


「イギリスGPへ行く機会があったんだ。トップ3を当てるクジがあって、僕は大のフェラーリ・ファンで、しかもマイケル(・シューマッハー)がヒーローだったから、マイケルとルーベンス(・バリチェロ)、そして(ファン・パブロ・)モントーヤって書いたんだ。そうしたら、レースはそのとおりになって、当選者は僕だけだった。賞品はフェラーリのモーターホームへの招待状で、マイケルとルーベンスに会ったんだよ!!」


 シューマッハー、バリチェロ、モントーヤが表彰台を獲得したレースは、2002年のイギリスGP。1996年生まれのアルボンは、まだ6歳だった!



(Masahiro Owari)




レース

11/13(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/14(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/15(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※トルコGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン307
2位バルテリ・ボッタス197
3位マックス・フェルスタッペン170
4位ダニエル・リカルド100
5位シャルル・ルクレール97
6位セルジオ・ペレス96
7位ランド・ノリス75
8位カルロス・サインツJr.74
9位アレクサンダー・アルボン70
10位ピエール・ガスリー63

チームランキング

※トルコGP終了時点
1位メルセデス504
2位レッドブル・ホンダ240
3位ルノー154
4位マクラーレン149
5位レーシングポイント136
6位フェラーリ130
7位アルファタウリ・ホンダ89
8位アルファロメオ8
9位ハース3
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第13戦エミリア・ロマーニャGP 11/1
第14戦トルコGP 11/15
第15戦バーレーンGP 11/29
第16戦サヒールGP 12/6
第17戦アブダビGP 12/13
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 第14戦トルコGP号