F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ハミルトン、F1バーレーンGPのスタート失敗を猛省「スタート練習にどれだけ必死に取り組んできたことか……」

2019年4月5日

 ルイス・ハミルトンは、メルセデスにおいて絶好調にあるが、5度のF1チャンピオンの彼は、ある重要な側面を持つ作業に手こずっていることを認めた。


 ハミルトンは開幕戦オーストラリアGPでポールポジションを獲得したが、チームメイトのバルテリ・ボッタスにスタートで抜かれてしまった。


 そして先週末の第2戦バーレーンGPでも、ハミルトンはスタートに苦しむことになった。重大なミスではなかったが、それでもこの時のスタートは彼の基準には達しないものだった。


 ハミルトンはスタートを改善するために、もっと取り組みを行う必要があることを認めた。


「スタートについてどれだけ必死に取り組んできたか、言い表せないくらいだ。あのスタートは本当にまずいものだった」とハミルトンはレース後に語った。


「これからもスタートへの取り組みを続けるつもりだ。つまずいて、転んでも立ち上がる。プッシュし続けるだけだ」


「幸い僕はまだ先頭集団にいたし、バルテリを抜くことができた。あの戦略には満足している。それにセバスチャン(ベッテル/フェラーリ)とのバトルは素晴らしかった」


 フェラーリのシャルル・ルクレールがエンジントラブルによりペースを落とさざるを得なかったため、最終的にハミルトンはキャリア74勝目を挙げ、2019年シーズン最初の優勝を飾ることになった。


 だがバーレーンでのフェラーリの優れたペースは、メルセデスの懸念材料となった。優勝したハミルトンも、自身とチームには“興奮して手放しで喜べる”理由はないと主張している。



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

6/7(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/8(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
6/9(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※カナダGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン162
2位バルテリ・ボッタス133
3位セバスチャン・ベッテル100
4位マックス・フェルスタッペン88
5位シャルル・ルクレール72
6位ピエール・ガスリー36
7位カルロス・サインツJr.18
8位ダニエル・リカルド16
9位ケビン・マグヌッセン14
10位セルジオ・ペレス13

チームランキング

※カナダGP終了時点
2位メルセデス295
2位フェラーリ172
3位レッドブル・ホンダ124
4位マクラーレン30
5位ルノー28
6位レーシングポイント19
7位トロロッソ・ホンダ17
8位ハース16
9位アルファロメオ13
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第7戦カナダGP 6/9
第8戦フランスGP 6/23
第9戦オーストリアGP 6/30
第10戦イギリスGP 7/14
第11戦ドイツGP 7/28
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報