F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ロス・ブラウン、ハースとフェラーリの緊密な提携方式は「今後F1に参入する小規模チームのためになる」と支持

2019年4月5日

 F1のモータースポーツ担当マネージングディレクターを務めるロス・ブラウンは、物議を醸しているハースF1チームの運営モデルは、今後も“維持されなければならない”と述べている。


 2016年にF1に参入したハースは、フェラーリとの緊密な技術提携によって、低コストなビジネスモデルの先駆けとなっている。


 しかしながら、ハースとフェラーリの広範囲に及ぶ協業に難色を示している中団チームの間で、この提携関係は論争を引き起こしており、レーシングポイントやルノーといったチームは、ハースの真のF1コンストラクターとしての正当性に異議を唱えている。


 『Sky F1』で解説を務めるマーティン・ブランドルとのインタビューで、ブラウンは「何点かレギュレーションの調整がなされるかもしれないが、将来もこの方式が維持されるべきだ」と述べた。


「ハースのモデルは興味深いもので、大きな成功を収めている」


「将来のため、また参入してくる小規模チームのためにもこの方式を維持しなければならないし、大いに尊重すべきだ」


「だが彼らができることについては、いくつか調整する必要がある」


 またブラウンは、ハースはただレギュレーションに合法的に記載されているコンセプトを採用し、活用しているだけだと主張した。


「ハースを高く評価している。誰も彼らのようには活用できていないモデルを、ハースは採用したのだ。これは素晴らしい展開だ」


「ファンはハースが順位を上げて、一部の大規模チームを打ち負かしているのを楽しんでいる」


「ルノーやマクラーレン、ウイリアムズといった、それぞれの地位を維持することができるマニュファクチャラーとの適正なバランスを取ることができる、最高の解決策を我々は目にしているのだ。ハースにもそのチャンスを与えるべきだ」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

6/7(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/8(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
6/9(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※カナダGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン162
2位バルテリ・ボッタス133
3位セバスチャン・ベッテル100
4位マックス・フェルスタッペン88
5位シャルル・ルクレール72
6位ピエール・ガスリー36
7位カルロス・サインツJr.18
8位ダニエル・リカルド16
9位ケビン・マグヌッセン14
10位セルジオ・ペレス13

チームランキング

※カナダGP終了時点
2位メルセデス295
2位フェラーリ172
3位レッドブル・ホンダ124
4位マクラーレン30
5位ルノー28
6位レーシングポイント19
7位トロロッソ・ホンダ17
8位ハース16
9位アルファロメオ13
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第7戦カナダGP 6/9
第8戦フランスGP 6/23
第9戦オーストリアGP 6/30
第10戦イギリスGP 7/14
第11戦ドイツGP 7/28
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報