F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

たった2戦でフェラーリSF90を最適化した驚異の新鋭ルクレール【今宮純のF1バーレーンGP採点】

2019年4月5日

 F1ジャーナリストの今宮純氏が独自の視点でドライバーを採点。週末を通して、20人のドライバーから「ベスト・イレブン」を選出。予選やレースの結果だけにとらわれず、3日間のパドックでの振る舞い、そしてコース上での走りを重視して評価する。今回は2019年F1第2戦バーレーンGPだ。
————————–


☆ ケビン・マグヌッセン(ハース)
予選=6番手/決勝=13位


2019年F1第2戦バーレーンGP決勝 ケビン・マグヌッセン(ハース)
2019年F1第2戦バーレーンGP決勝 ケビン・マグヌッセン(ハース)


 第2戦バーレーンGPではマグヌッセンが予選トップ6へ。開幕戦はロマン・グロージャンがくいこんでおり、再びハースの“一発力”をアピールした。予選5番手のフェルスタッペンに0.005秒差に迫った。だがストレート最高速は20位、チームはそのことを不安視していた。実際にレースは大苦戦してしまった。もう一つの不安がタイヤの表面オーバーヒート、これもレースペースに影響し結果13位。戦えなかったマグヌッセン。


☆ バルテリ・ボッタス(メルセデス)
予選=4番手/決勝=2位


2019年F1第2戦バーレーンGP バルテリ・ボッタス(メルセデス)が2位を獲得
2019年F1第2戦バーレーンGP バルテリ・ボッタス(メルセデス)が2位を獲得


 バトル相手がいないポジション・キープの単独レース展開に、シャルル・ルクレール(フェラーリ)のPUトラブルによって、そつなく決勝2位を手に入れた。開幕戦の最速ラップ1点が効きシリーズリーダーにいる。まだ2戦消化時点ではあるが首位ボッタス、キャリア最高の出だし。


☆☆ セルジオ・ペレス(レーシングポイント)
予選=14番手/決勝=10位


2019年F1第2戦バーレーンGP セルジオ・ペレス(レーシングポイント)
2019年F1第2戦バーレーンGP セルジオ・ペレス(レーシングポイント)


 初日からQ1突破が難しそうに見えていた状況を自力で切り開いていった。序盤8周目に想定外のピットイン、ブレーキがオーバーヒート(デブリがからまった)。そこからミディアムタイヤでつなぎ粘りの10位で1点ゲット、現状のマシン戦力でしのぎ本格的なアップデートを待つ。


☆☆ ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)
予選=17番手/決勝=リタイア(17位完走)


2019年F1第2戦バーレーンGP ダニエル・リカルドとニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)はバトルの際に接触も
2019年F1第2戦バーレーンGP ダニエル・リカルドとニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)はバトルの際に接触も


 ダニエル・リカルドがR.S19のダウンフォース特性に悩む一方、FP1:8番手/FP2:5番手/FP3:6番手。ところがパワーユニット(PU/エンジン)の信頼性問題により予選Q1で敗退(17番手)。めげることなく決勝で6番手に浮上、チームメイトと絡んだ末にまたもパワーユニットに見放されストップ。ワークスチームらしからぬルノーだ。

■スランプの中、懸命な走りで8位入賞を果たしたピエール・ガスリー

☆☆ ピエール・ガスリー(レッドブル・ホンダ)
予選=13番手/決勝=8位

 忍び寄るスランプ、周囲からのプレッシャーに耐えていたレッドブル・ホンダに移籍しての2戦目。RB15のエアロ特性(強いレーキ角)になじめず、減速から進入時のダウンフォース・バランス変動が彼のリズムに合わないようだ。それを懸命に自己修正、第2スティントをソフトで最長30周して得た8位入賞はひとつの成果。


☆☆☆ アレクサンダー・アルボン(トロロッソ・ホンダ)
予選=12番手/決勝=9位

 実戦レッスン2、ここで学び取ったのは集団・接近戦での攻めと守り。超えてはいけない一線を破らず、バトルをつづけるメンタルパワーが少しずつ上がってきた。その部分に進化を感じる。


☆☆☆ ランド・ノリス(マクラーレン)
予選=10番手/決勝=6位

 個人的に開幕戦・予選8番手に驚かされ、バーレーンGPではライコネンとの接近戦で守り切っての決勝6位に二度また驚かされた。この週末フェルナンド・アロンソがピットで見守っていたが彼の“コーチング”もあったのだろう。強風下にミスなくマシンコントロール、MCL34をマスターしつつあるのが見てとれた。


☆☆☆ キミ・ライコネン(アルファロメオ)
予選=9番手/決勝=7位

 表彰台に過去8回(2位5回)、勝利はないが与えられたマシンパッケージを乗りこなしてきたベテラン。アルファロメオC38のリミットを正確に把握。独特の“キミ・ライン”がとくに難しい10コーナーで光った。


 そこではタイムを狙うライン、オーバーテイクに行くライン、タイヤをケアするラインが微妙に違う。使い分けたベテラン、前の6位ノリスもそれを学んだことだろう(本来ならそれはアントニオ・ジョビナッツィが学ぶべきなのだが)。キミがいるアルファロメオ、現在“Bリーグ首位”のランク4位。

■まるでベテランのようにニューマシンを最適化させていったシャルル・ルクレール

☆☆☆ マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
予選=5番手/決勝=4位

 接近戦を超越したマシン・コンタクトしながら挑む格闘戦の強さ。カルロス・サインツJr.のふところ(インサイド)に飛び込んで抜いた4周目、まさに“当て抜き技”だ。自分のダメージを最少現に抑える瞬間判断能力、これぞ威圧感みなぎる『マックス・マジック』。


☆☆☆☆ ルイス・ハミルトン(メルセデス)
予選=3番手/決勝=優勝


 五冠王はかすかに予感していたのかもしれない。最速フェラーリSF90Hにはどこかに信頼性のウイークポイントがありそうだと。


 ベッテルをかわして首位のルクレールを追うペースは急激ではなく、確実に2位でまとめようという意識が伝わった。ニューマシンで戦うシリーズ序盤にはいつ信頼性問題が起きても不思議ではないのだ。1年前ここでハミルトンは、ギヤボックス交換を余儀なくされ、5グリッドダウンとなっている。この74勝目は彼自身と、メルセデスチームの『信頼性力』によるものではなかったか。


☆☆☆☆☆ シャルル・ルクレール(フェラーリ)
予選=PP/決勝=3位

 かつてFIA F2やGP3で彼に敗れ、抜かれたドライバーたちは声をそろえて「シャルルはきっとやってみせる」と予測していた。それが2戦目で実現……、いや実現しかかったドラマティックレース。


 この週末を通じて最も印象的なのは同じSF90の挙動が日増しに違って見えたこと。ベッテルの方がふらつき“新人”のようで、彼の方がベテランみたいにセットアップを高めていった。たった2戦目でニューマシンを最適に仕上げた技量に誰よりも驚いたのは、4冠王であろう。



(Jun Imamiya)




レース

8/2(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
8/3(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
8/4(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン250
2位バルテリ・ボッタス188
3位マックス・フェルスタッペン181
4位セバスチャン・ベッテル156
5位シャルル・ルクレール132
6位ピエール・ガスリー63
7位カルロス・サインツJr.58
8位ダニール・クビアト31
9位キミ・ライコネン27
10位ランド・ノリス24

チームランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位メルセデス438
2位フェラーリ288
3位レッドブル・ホンダ244
4位マクラーレン82
5位トロロッソ・ホンダ43
6位ルノー39
7位レーシングポイント32
8位ハース31
9位アルファロメオ26
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第12戦ハンガリーGP 8/4
第13戦ベルギーGP 9/1
第14戦イタリアGP 9/8
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報