F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ライコネン、F1アメリカGP優勝もザウバー移籍への情熱は変わらず。「とても興奮しているよ」

2018年10月23日

 F1アメリカGPでキミ・ライコネンは、113戦ぶりの優勝を果たした。2014年のフェラーリ再加入後、初の優勝となったが、その達成感は2019年のザウバー加入への情熱を変えることはできない。


 ライコネンの前回のF1優勝は、2013年の開幕戦オーストラリアGPだが、フェラーリでの優勝は2009年のベルギーGPにまで遡る。


 今回の優勝に至るまで、数多く表彰台を獲得、何度もチャンスを失ったが、オースティンでのレースは特別なものとなった。ライコネンのレース人生で新たな章を始める前に、フェラーリでのキャリアに区切りを付ける最高のタイミングだったのだ。


「僕は自分が行こうとしているところにとても満足していることを、みんな分かっていないと思う」とライコネンはザウバーへの移籍に関して語る。


「僕にはフェラーリでの時間があった。彼らとともにタイトルを獲得し、多くのレースで勝利した。そしてドライバーとして僕は違う挑戦を求め、変化することを望んでいるんだ」


「実際僕はザウバーに行くのがとても楽しみだ。ファクトリーは僕の家から大体40分ぐらいだから、僕の家族は喜ぶだろうし、僕は家族といられることが嬉しい」


「それが一番だろうと思う。そしてどの時点についても決断について失望はしていない」


 ライコネンは現在のシーズンが展開するにつれて、彼の将来について常に明確にしていたかったと語った。


「僕が関心を持っていたたったひとつのことは、何が起こるかということと、それ以外のことを把握することだった。そうしたことを知るのに僕はF1に十分長くいる。契約があるかどうかは関係ない。物事は色々な理由で起こる」


「結果として、僕はとても興奮しているよ」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

8/2(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
8/3(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
8/4(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン250
2位バルテリ・ボッタス188
3位マックス・フェルスタッペン181
4位セバスチャン・ベッテル156
5位シャルル・ルクレール132
6位ピエール・ガスリー63
7位カルロス・サインツJr.58
8位ダニール・クビアト31
9位キミ・ライコネン27
10位ランド・ノリス24

チームランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位メルセデス438
2位フェラーリ288
3位レッドブル・ホンダ244
4位マクラーレン82
5位トロロッソ・ホンダ43
6位ルノー39
7位レーシングポイント32
8位ハース31
9位アルファロメオ26
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第12戦ハンガリーGP 8/4
第13戦ベルギーGP 9/1
第14戦イタリアGP 9/8
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報