F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

トロロッソ・ホンダF1のガスリー、初のアメリカGPへ「大きく進歩したマシンでテクニカルなサーキットを走るのが楽しみ」

2018年10月18日

 トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは、今週末のF1第18戦アメリカGPで初めてサーキット・オブ・ジ・アメリカズを走る。最近のレースでマシンの向上を実感しているというガスリーは、今回も着実に改善を果たしていきたいと意気込んでいる。


 ガスリーは2017年にはスーパーフォーミュラにフル参戦する一方で、マレーシアGPでトロロッソからF1にデビューした。アメリカGPとスーパーフォーミュラ最終戦の日程が重なり、ガスリーはSFに出場してタイトル獲得を目指したが、台風による悪天候でレースは中止となった。ガスリーは結局首位と0.5ポイント差のランキング2位という結果になった。


 昨年F1アメリカGPに出場できなかったため、ガスリーは今年初めてサーキット・オブ・ジ・アメリカズを走行することになる。


「初めてアメリカに行ったのはずいぶん昔のことになる。カートレースのためにラスベガスに行ったんだ。ちなみにその時の結果は3位だった」とガスリー。


「最近では、レッドブル・レーシングのサードドライバーとしてオースティンに行った。ただ、コースを走ったことはないから、今週末が初めてということになるね」


「すごくテクニカルなコースみたいだ。カレンダーのなかでも最高のサーキットのひとつだと言うドライバーが多い。初めてレースをするのが楽しみだよ」


「去年のアメリカGPはスーパーフォーミュラの最終戦とぶつかってしまったために、出場することができなかった。鈴鹿でタイトルを獲得する可能性があったんだけど、レースは悪天候のために中止になった。あまりいい週末ではなかったね」


「日本GPの予選で、僕らのマシンが大きく向上したことが分かった。決勝でもペースはよかったんだ。間違いなく前進していると思うから、アメリカとメキシコでもこの調子で改善していきたい」


 日本GPでトロロッソ・ホンダは予選で好調で、ブレンドン・ハートレーが6番手、ガスリーが7番手と、ともに好位置を獲得した。レースでは戦略がうまく機能しなかったこともありポイント圏外に沈んだものの、チームはホンダのパワーユニット(PU)/エンジンの新“スペック3”に好感触を得ている。



(autosport web)




レース

11/9(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/10(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/11(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ブラジルGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン383
2位セバスチャン・ベッテル302
3位キミ・ライコネン251
4位バルテリ・ボッタス237
5位マックス・フェルスタッペン234
6位ダニエル・リカルド158
7位ニコ・ヒュルケンベルグ69
8位セルジオ・ペレス58
9位ケビン・マグヌッセン55
10位フェルナンド・アロンソ50

チームランキング

※ブラジルGP終了時点
1位メルセデス620
2位フェラーリ553
3位レッドブル392
4位ルノー114
5位ハース90
6位マクラーレン62
7位フォース・インディア48
8位ザウバー42
9位トロロッソ33
10位ウイリアムズ7

レースカレンダー

2018年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/16
第16戦ロシアGP 9/30
第17戦日本GP 10/7
第18戦アメリカGP 10/21
第19戦メキシコGP 10/28
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報