F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

パドック裏話 日本GP編:ソチから鈴鹿への移動は丸2日の強行軍、日本の移動スキルはちょっとした自慢

2018年10月15日

 今回のこのコラムは、F1の裏話というよりも、トラベルブログのようなものになりそうだ。

 その理由は、1年前に2018年のF1カレンダーを決める時、どこかの誰かが「そうだ、ロシアGPと鈴鹿のレースを2週連続開催にしたらいい!」と思ったことにある。

 膨大な額の年間予算を持つF1チームなら、たいして困りもしないだろう。彼らはソチから日本へ直行するフライトをチャーターできるからだ。だが、このスポーツで仕事をする人々の大半にとって、この日程は乗り継ぎが面倒で厄介な移動を強いられることを意味する。

 例として、私自身がどうしたかをお教えしよう。そもそも、ソチへ行くだけでも3つの便を乗り継ぐ必要があったのだが、そこから日本への旅程は、まず深夜便で目的地とは反対方向のモスクワへ飛んだ後、そこから5時間かけてアブダビへ行き、さらに10時間近いフライトでようやく東京に到着というものだった。

 結局、ロシアでレースが行われた日曜の朝に起きてから、火曜の夜に日本に着くまで、私は一度もベッドには寝られなかった!

 しかし、あるレースから次のレースへと、世界を股にかけた大移動を自力でやり遂げるのは、特にそのルートが簡単なものではない時ほど、ちょっとした満足感にひたれるものでもある。

 実際、日本GPに関して言えば、ヨーロッパの人間の多くが日本国内での移動スキルを自慢したがる理由もそこにある。私たちが日本の鉄道網について理解を深め、必要な切符を自分で買えるようになるには、ある程度の時間がかかるものなのだ。

 ジャーナリスト仲間にも、メディアセンターで話を聞いてくれる人を探しては、自分が今回はどんなルートで鈴鹿に来たかを説明し、どこか行きたいところがあれば電車での行き方を教えてやると熱心に語る者が何人かいる。

 なかでもある報道関係者は、名古屋と白子の間の移動に使える5日間乗り放題のフリーパスがあるのを何年か前に知り、それを大いに活用していることを吹聴して回っていた。

…記事の続きは会員登録後閲覧できます。

※こちらの記事は一般&プレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録
※会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

4/12(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
4/13(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
4/14(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※中国GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン68
2位バルテリ・ボッタス62
3位マックス・フェルスタッペン39
4位セバスチャン・ベッテル37
5位シャルル・ルクレール36
6位ピエール・ガスリー13
7位キミ・ライコネン12
8位ランド・ノリス8
9位ケビン・マグヌッセン8
10位ニコ・ヒュルケンベルグ6

チームランキング

※中国GP終了時点
2位メルセデス130
2位フェラーリ73
3位レッドブル・ホンダ52
4位ルノー12
5位アルファロメオ12
6位ハース8
7位マクラーレン8
8位レーシングポイント7
9位トロロッソ・ホンダ4
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第3戦中国GP 4/14
第4戦アゼルバイジャンGP 4/28
第5戦スペインGP 5/12
第6戦モナコGP 5/26
第7戦カナダGP 6/9
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報