F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

パドック裏話 シンガポールGP編:ザウバーへの移籍が決まってもキミ節は変わらず

2018年9月24日

 ちょっと毒舌なF1ジャーナリストがお届けするF1の裏話。今回はF1第15戦シンガポールGP編です。

--------------------------------

 F1の世界で仕事をしていると、一般社会ではあまり経験しない奇妙なことがたくさんある。シンガポールGPでの「勤務時間帯」も、間違いなくそのひとつだ。

 朝食は午後4時、ランチは午後9時前後で、遅めの夕食はもう翌朝に近い午前3時。そして、太陽が登る頃にベッドに入り、あたりが暗くなり始めた頃に仕事に出かける。

 時間の感覚が混乱しない方がおかしいようなスケジュールだが、幸いなことに、木曜の午後にはキミ・ライコネンが私たちの目を覚まさせてくれた。

 シンガポールへ向かう段階で、すでにライコネンは注目の的になっていた。フェラーリが2019年には彼と契約せず、弱冠20歳のシャルル・ルクレールを起用すると発表していたからだ。

 しかし、それ以上に驚かされたのは、フェラーリを去るライコネンが2019年シーズンからの2年契約でザウバーに復帰することだった。過去5年間、優勝こそなかったものの、ポールポジションやポディウムを争ったチームから、コンストラクターズ選手権9位のチームへの移籍である。

 予想されたとおり、記者会見に出席したキミは、F1でのキャリアをスタートさせた古巣への復帰を決めたのはなぜかという質問を受けた。答えはいかにも彼らしいシンプルなものだった。「行っちゃいけない理由はないだろ?」

 キミらしさが炸裂するコメントは、これだけにはとどまらなかった。自分の将来に関心が集まって、何となくきまりが悪かったのかもしれない。同じ会見の後半では、グリッド上の最年長ドライバーとして少なくとも40歳まで現役を続けることになったが、まだレースへの情熱は衰えないのかとの質問に、彼はこう答えて笑いを取った。

「正直、全然ないね。あなたたちに心を操られて、うっかりサインしちゃったんだ。来年から2年間、ずっと後悔して過ごすことになりそうだよ」

 こうしたキャラクターと皮肉のきいたコメントこそ、ライコネンが人気を集める理由なのだ。実際、ルクレールの起用が発表される前には、何万人という人々が彼を残留させてほしいというフェラーリ宛の嘆願書に署名を寄せている。

…記事の続きは会員登録後閲覧できます。

※こちらの記事は一般&プレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録