F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ハミルトン、2019年は“3段階柔らかい”タイヤを望む。「1ストップ作戦ばかりでばかげている」

2018年10月9日

 メルセデスのルイス・ハミルトンはF1公式サプライヤーのピレリに、2019年シーズンはタイヤを極限まで柔らかくするよう促している。それは、彼が“ばかげている”と考えているレースでの1ストップ作戦を避けるためだ。


 2018年のピレリのタイヤ選択は、前年のタイヤよりもタイヤレンジ全体が1段階柔らかくなっており、さらにピンクのマーキングカラーのハイパーソフトタイヤが2018年シーズンに加わっている。


 今季は圧倒的多数のレースで、1ストップ戦略を行なったマシンが優勝している。ハミルトンは、ピレリのタイヤレンジを大幅に柔らかくし、スレッドの厚さをさらに薄くすることを主張している。


「ピレリに強く求めたい。なぜならタイヤの感触は抜群だが、1ストップ作戦はばかげているからだ」とハミルトンは語った。


「だから来年は、3段階か4段階、おそらくは3段階柔らかくすべきだと思う」


「(タイヤを)全体的に柔らかくすることで、レースごとに少なくとも2ストップ作戦をとらなければならなくなるだろう。当然のことながら柔らかいタイヤを使うことで、レースが多少チャレンジングになり、グリップも増すだろう」


「それに、より薄いゲージにすることで、今見られているような熱によるブリスターを減らすことができる。それによって前のマシンを追えるようになり多くのバトルができるかもしれない」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

7/10(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/11(土) フリー走行3回目 19:00〜20:00
予選 22:00〜
7/12(日) 決勝 22:10〜


ドライバーズランキング

※オーストリアGP終了時点
1位バルテリ・ボッタス25
2位シャルル・ルクレール18
3位ランド・ノリス16
4位ルイス・ハミルトン12
5位カルロス・サインツJr.10
6位セルジオ・ペレス8
7位ピエール・ガスリー6
8位エステバン・オコン4
9位アントニオ・ジョビナッツィ2
10位セバスチャン・ベッテル1

チームランキング

※オーストリアGP終了時点
1位メルセデス37
2位マクラーレン26
3位フェラーリ19
4位レーシングポイント8
5位アルファタウリ・ホンダ6
6位ルノー4
7位アルファロメオ2
8位ウイリアムズ0
9位レッドブル・ホンダ0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第2戦シュタイアーマルクGP 7/12
第3戦ハンガリーGP 7/19
第4戦イギリスGP 8/2
第5戦イギリスGP 8/9
第6戦スペインGP 8/16
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報 CLASSICS フランスGP