F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

トロロッソ・ホンダ甘口コラム ロシア&日本GP編:終盤戦に期待がかかる“スペック3”パワーユニット

2018年10月15日

 トロロッソ・ホンダの活躍を甘口&辛口のふたつの視点からそれぞれ評価する連載コラム。レースごとに、週末のトロロッソ・ホンダのコース内外の活躍を批評します。F1第16戦ロシアGP、第17戦日本GPを、甘口の視点でジャッジ。

————————————

 ロシアGPでは、金曜日のフリー走行を走り終えた段階で満足のいくレベルまで熟成できずに土曜日以降の投入を見送ったスペック3。その後、ホンダのスタッフはトロロッソのエンジニアたちとともに、イギリスのミルトンキーンズにあるHRD MKで日本GPに向けたキャリブレーション(設定データの調整)を行い、鈴鹿に2台そろって投入された。

 ベンチテストでは実走状態を100%再現することができないため、鈴鹿での走り出しが注目された。果たして、日本GPで積むスペック3の走りは「ロシアGPでは満足のいくレベルに熟成されませんでしたが、初日のフリー走行では十分満足のいくレベルに達しました」(田辺豊治F1テクニカルディレクター)ということで、鈴鹿では土曜日以降も使用された。

 そのスペック3は、予選で2台そろってQ3に進出。レースでもピエール・ガスリーがピットストップする前まではロマン・グロージャン(ハース)に続く7番手を走行し、第二集団で2番手となるポジションを走行していた。

 その後、ガスリーはピットストップのタイミングでポジションを大きく落とし、レース終盤はブリスターにも悩まされて、ズルズルと後退。最終的に11位となり、ポイントを獲得することができなかった。

 チームメートのブレンドン・ハートレーは自身、今シーズン最上位となる6番グリッドを手にしていたが、スタートで大きく出遅れた後はポイント争いができないまま、13位に終わった。

 日本GPでのスペック3は、土曜日はその性能を発揮できたが、日曜日はフラストレーションが残る結果に終わった。





レース

9/6(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
9/7(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
9/8(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イタリアGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン284
2位バルテリ・ボッタス221
3位マックス・フェルスタッペン185
4位シャルル・ルクレール182
5位セバスチャン・ベッテル169
6位ピエール・ガスリー65
7位カルロス・サインツJr.58
8位ダニエル・リカルド34
9位アレクサンダー・アルボン34
10位ダニール・クビアト33

チームランキング

※イタリアGP終了時点
1位メルセデス505
2位フェラーリ351
3位レッドブル・ホンダ266
4位マクラーレン83
5位ルノー65
6位トロロッソ・ホンダ51
7位レーシングポイント46
8位アルファロメオ34
9位ハース26
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第14戦イタリアGP 9/8
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報