F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ルノーF1の不振にプロストが深刻な懸念。「チームの戦闘力が退化している」

2018年10月3日

 前戦ロシアGPでは、まったくいいところのなかったルノーF1。同チームのスペシャルアドバイザーを務めるアラン・プロストは、「このままではシーズン終盤に、戦闘力がいっそう落ちて行く恐れがある」と、深刻な懸念を表明した。


 2019年シーズン用のマシン開発に資源を集中させ、現行マシンのアップデートを終了したのが最大の理由だが、それはライバルチームも程度の差こそあれ同様だ。2018年シーズンはコンストラクターズ選手権選手権で、トップ3に次ぐ4位に付けるのを目標にしているルノーF1。しかし5位のハースにじりじりと迫られ、現在11ポイント差しかない。


「車体もパワーユニットも、来年に向けての開発しかしていないのは確かだ。だがライバルたちと比べて、相対的に戦闘力が落ちている」と、プロストは仏カナル・プリュスのインタビューでコメントした。


「特にここ数週間の落ち込みがひどい。本来なら3強チームとの差を詰めるべきだったのが、逆に引き離され、ハースやフォース・インディア、ザウバーにもかなわないレースが続いている」


 プロストがひときわ心配しているのが、パワーユニットの退化である。


「ハースやフォース・インディアの躍進は、明らかにフェラーリやメルセデス製パワーユニットの進化にも助けられている。車体性能では、決して大きな遅れはないと信じている。しかしパワーユニットに関しては、同じリズムの進化ができていないね」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(Translation:Kunio Shibata)




レース

10/11(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/13(日) フリー走行3回目 中止
予選 結果 / レポート
10/13(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン338
2位バルテリ・ボッタス274
3位シャルル・ルクレール221
4位マックス・フェルスタッペン212
5位セバスチャン・ベッテル212
6位カルロス・サインツJr.76
7位ピエール・ガスリー73
8位アレクサンダー・アルボン64
9位ダニエル・リカルド42
10位ニコ・ヒュルケンベルグ35

チームランキング

※日本GP終了時点
1位メルセデス612
2位フェラーリ433
3位レッドブル・ホンダ323
4位マクラーレン111
5位ルノー77
6位トロロッソ・ホンダ59
7位レーシングポイント54
8位アルファロメオ35
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報