F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

サインツ「ターン2でウイリアムズと接触。マシンのフロアとサイドが壊れドライビングが難しかった」:ルノー F1ロシアGP日曜

2018年10月2日

 2018年F1第16戦ロシアGP決勝で、ルノーのニコ・ヒュルケンベルグは12位、カルロス・サインツJr.は17位だった。


■ルノー・スポール・フォーミュラワン・チーム
ニコ・ヒュルケンベルグ 決勝=12位
 残念ながら、今日は戦略を最大限に活かすことができなかった。アクシデントもなくクリーンなレースを走れていて、何周にもわたって7番手を走っていたのだが、ピットストップの後に順位を取り戻すことができなかった。全力を尽くし、代わりの戦略に変えてからもそれなりに上手くいってはいたけれど、最終的に報われることはなかったね。


カルロス・サインツJr. 決勝=17位
 今日は複雑な気分だよ。スタートではソフトタイヤで上手く列から抜け出し、その後のハイパーソフトタイヤでも何台かをパスした。けれどもターン2でウイリアムズに接触されて、衝撃はあまり感じなかったにもかかわらず、マシンのフロアとサイドが壊れてドライビングが難しくなってしまったんだ。


 できる限り中団グループの他のマシンを抑えるべく、戦略を活かしてチームを助けるようとコース上に留まったが、残念ながらポイントには手が届かなかった。


 レースを終えてマシンを降りて、どれだけのダメージを負っていたかを目の当たりにし、なぜドライビングがほぼ不可能だったのか合点がいった。ここからは日本に向けて準備を行なうよ。



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(Translation:Akane Kofuji)




レース

12/4(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
12/5(土) フリー走行3回目 23:00〜24:00
予選 26:00〜
12/6(日) 決勝 26:10〜


ドライバーズランキング

※トルコGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン307
2位バルテリ・ボッタス197
3位マックス・フェルスタッペン170
4位ダニエル・リカルド100
5位シャルル・ルクレール97
6位セルジオ・ペレス96
7位ランド・ノリス75
8位カルロス・サインツJr.74
9位アレクサンダー・アルボン70
10位ピエール・ガスリー63

チームランキング

※トルコGP終了時点
1位メルセデス504
2位レッドブル・ホンダ240
3位ルノー154
4位マクラーレン149
5位レーシングポイント136
6位フェラーリ130
7位アルファタウリ・ホンダ89
8位アルファロメオ8
9位ハース3
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第13戦エミリア・ロマーニャGP 11/1
第14戦トルコGP 11/15
第15戦バーレーンGP 11/29
第16戦サヒールGP 12/6
第17戦アブダビGP 12/13
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 第14戦トルコGP号