F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

リカルド「ペナルティ戦略に後悔はない。鈴鹿でシャンパンの味を思い出したいからね!」:F1ロシアGP日曜

2018年10月1日

 2018年F1ロシアGP決勝で、レッドブル・レーシングのダニエル・リカルドは6位だった。


■アストンマーチン・レッドブル・レーシング
ダニエル・リカルド 決勝=6位
 オープニングラップに混乱があったので、あとで細かいことを見直して、今後に役立てたい。ターン8で2台がバトルをしていて、彼らを抜きにいったら、マーブルに乗ってしまった。それでコースを外れて、いくつかポジションを落とした。


 それから、前を走るマシン、たぶんマクラーレンだったと思うけど、そのスリップストリームを使って、トウから抜けた時にデブリにヒットし、フロントウイングにダメージを負った。その状態で走らなければならず、結局、上位に追いつくことができなかった。


 僕らは2台とも(ペナルティを受けて)グリッド後方からスタートしたので、今日はチームにとって5位と6位が最大の結果だったと思う。ただ、同じ6位でも、7位ではなく5位に近づきたかったな。


 今週末は予想よりペースがよかったけれど、ここでペナルティを消化するというのは正しい判断だったと思っている。これからの鈴鹿、オースティン、メキシコの方がデータ上では僕らに合っているからね。


 シャンパンの味を忘れてしまったから、今シーズン中に味わいたい。そのために鈴鹿では全力で戦うつもりだ。



(autosport web)




レース

12/4(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
12/5(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 26:00〜
12/6(日) 決勝 26:10〜


ドライバーズランキング

※トルコGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン307
2位バルテリ・ボッタス197
3位マックス・フェルスタッペン170
4位ダニエル・リカルド100
5位シャルル・ルクレール97
6位セルジオ・ペレス96
7位ランド・ノリス75
8位カルロス・サインツJr.74
9位アレクサンダー・アルボン70
10位ピエール・ガスリー63

チームランキング

※トルコGP終了時点
1位メルセデス504
2位レッドブル・ホンダ240
3位ルノー154
4位マクラーレン149
5位レーシングポイント136
6位フェラーリ130
7位アルファタウリ・ホンダ89
8位アルファロメオ8
9位ハース3
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第13戦エミリア・ロマーニャGP 11/1
第14戦トルコGP 11/15
第15戦バーレーンGP 11/29
第16戦サヒールGP 12/6
第17戦アブダビGP 12/13
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 第14戦トルコGP号