F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ハートレー「厳しい週末だったが、PUアップデートの効果を確認できたのはよかった。鈴鹿が楽しみ」:トロロッソ・ホンダ F1ロシアGP日曜

2018年10月1日

 2018年F1ロシアGP決勝で、レッドブル・トロロッソ・ホンダのブレンドン・ハートレーはブレーキトラブルのためリタイアを喫した。


 パワーユニット(PU)のエレメント交換によりグリッド降格ペナルティを受け、ハートレーは20番グリッドからハイパーソフトタイヤを装着してスタートした。


 スタート直後からブレーキに異常が起こったが、プランどおり早々にソフトタイヤに交換し、最後まで走り切る戦略を実行しようとしたものの、トラブルが悪化してハートレーはスピン。すぐにピットに戻り、わずか4周でリタイアすることになった。

2018年F1第16戦ロシアGP ブレンドン・ハートレー(トロロッソ・ホンダ)がレース序盤にスピン

■レッドブル・トロロッソ・ホンダ
ブレンドン・ハートレー 決勝=リタイア
 スタートはうまく決まり、ターン5でピエール(・ガスリー)を抜いて、マクラーレンにチャレンジしようとしていた時に、ブレーキペダルがおかしいことに気付いた。無線でチームに報告した後、プランどおりに(3周目に)ピットストップを行った。前日までの走行で、僕らのマシンはタイヤの持ちがよく、ペースもいいと感じていたので、序盤にソフトに交換して最後まで走り切るという大胆な戦略をとろうとしていたんだ。リタイアしていなければ、この戦略はうまくいっていたと思う。


 でもピットから出るとすぐに、ブレーキペダルが効かなくなり、リヤがロックして、スピンしてしまった。ほぼ同時にチームの2台に同じことが起きた。チームは早急に分析し、次戦に向けて解決してくれるはずだ。


 金曜にアップグレード版パワーユニットのパフォーマンスを確認できたので、皆、鈴鹿に向けて期待が高まっている。


 厳しい週末だったが、今後に期待できる要素がたくさんある。長期予報だと鈴鹿では雨が降る可能性があるし、アップデートされたエンジンは馬力が向上している。



(autosport web)




レース

10/11(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/13(日) フリー走行3回目 中止
予選 結果 / レポート
10/13(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン338
2位バルテリ・ボッタス274
3位シャルル・ルクレール221
4位マックス・フェルスタッペン212
5位セバスチャン・ベッテル212
6位カルロス・サインツJr.76
7位ピエール・ガスリー73
8位アレクサンダー・アルボン64
9位ダニエル・リカルド42
10位ニコ・ヒュルケンベルグ35

チームランキング

※日本GP終了時点
1位メルセデス612
2位フェラーリ433
3位レッドブル・ホンダ323
4位マクラーレン111
5位ルノー77
6位トロロッソ・ホンダ59
7位レーシングポイント54
8位アルファロメオ35
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報