F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

2019年のドライバー選択の期限が近づいてきたハースF1、オコンを候補のひとりに

2018年9月28日

 ハースF1チーム代表のギュンター・シュタイナーは、今後2週間で2019年のドライバーラインアップを決定することになるだろうと話しており、エステバン・オコンを候補のひとりとして検討しているという。


 シャルル・ルクレールがフェラーリと契約を結んだことに続き、ハースもドライバーラインアップの状況を最終決定するプロセスに入った。


 ケビン・マグヌッセンのシート確保が実質的には保証されている一方で、ロマン・グロージャンに関しては、最近の実績がハースでの復活の兆しを見せているものの、依然としていくつか疑問が残されているようだ。


「日本GPまで2週間を切った。それまでには決まることになるだろう」とシュタイナーは述べた。


 一方でシュタイナーは、エステバン・オコンだけでなく、同じメルセデス傘下ドライバーのジョージ・ラッセルにも関心があることを認めた。


 しかしながら、シュタイナーはふたりのメルセデスとの関係は、メルセデスの助力がない限り、ハースが彼らを起用するにあたっての妨げになると明言した。


「彼らはふたりとも優れたドライバーなので、常に検討の対象だ」とシュタイナーは付け加えた。


「しかし我々は自チームのことを考える必要があり、問題はメルセデス(が解決する)のものだと考えている」


「彼ら(メルセデス)は多くの才能を抱えすぎており、今やその問題を解決する方法を探さなければならない。なぜそれが他の人々の問題にならなければいけないのか?」


「問題としてはうらやましいものだが、それは彼らが自分たちで解決せねばならない」


 将来を見据えてシュタイナーは、ピエトロ・フィッティパルディに開発兼テストドライバーのポジションをオファーすることを目指し、交渉を続けることも明らかにした。これは当初チームが計画していたことだが、彼は昨年春に起きたスパでの事故で、両足を骨折する怪我を負っていた。


「実は先週ピエトロと話をした」とシュタイナーは語った。


「現在の彼は調子が良く、痛みもなく順調だそうだ。我々は今年の終わりにテストを行なう可能性について、再度話しを始めた」


「まだ結論には達していない。彼は現在ヨーロッパにいて、実は空港で話し合いを再開したのだ。日本GPの後、双方がアメリカに戻ってからまた話をすることになっている」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

7/12(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/13(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/14(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン223
2位バルテリ・ボッタス184
3位マックス・フェルスタッペン136
4位セバスチャン・ベッテル123
5位シャルル・ルクレール120
6位ピエール・ガスリー55
7位カルロス・サインツJr.38
8位キミ・ライコネン25
9位ランド・ノリス22
10位ダニエル・リカルド22

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位メルセデス407
2位フェラーリ243
3位レッドブル・ホンダ191
4位マクラーレン60
5位ルノー39
6位アルファロメオ26
7位レーシングポイント19
8位トロロッソ・ホンダ19
9位ハース16
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第10戦イギリスGP 7/14
第11戦ドイツGP 7/28
第12戦ハンガリーGP 8/4
第13戦ベルギーGP 9/1
第14戦イタリアGP 9/8
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報